スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2006 / 08 / 29 ( Tue )
I feel like I've been missing too many things.

人はないものねだりです。分かってはいても。

22歳の今しかない時間に何か大きなピースを欠いている気がして、明け方に人恋しくなる。

いつもいつも変わらず寄り添ってくれる人は、私にとって寂しさを誤魔化すための存在でしかないんでしょうか。

それなら私が強くなりさえすれば、その存在は必要なくなるかな。

強く強く強く なろうとして

強くなりきれない自分の惨めさと情けなさを忘れさせてくれる人は

確かにそこにある、自分の底抜けの「弱さ」と向き合う痛みを和らげてくれる麻酔でしかないのかな。

自分を否定する自分との葛藤は長くて終わりがない

でも私には100%私を肯定してくれる人が一番近くにずっといる。

多分、私が望み続ける限りこれからどれだけでも長い間、隣にいてくれる。

隣で弱い私も汚い私も全て受け入れて、愛してそして甘やかし続ける覚悟のある人。


私はそれを自分で手放す勇気を持たない限り、これ以上強くはなれないのかな


Next summer, when the water gets warm again

そう言っていました。

次の夏も、その次の夏もその次の夏も

この人の中には私と一緒の夏がもうとっくに描かれていて

私がそれを消すことなんて出来ない。



スポンサーサイト
20 : 07 : 56 | 色濃い? | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
怒涛
2006 / 08 / 28 ( Mon )
昨日は土曜やっちゅうのに早起きしてVenturaまで山を越え谷を越え、一時間のドライブ。

Ventura collageとの練習試合に行って来ました。
練習試合とはいえ黒星スタートで大いに盛り上がっちょったv
たいした怪我もなく順調に終え、そっから眠気と戦いながらの山中ドライブ。

帰りはヘッドATCに言われたとおり、山の中を突っ切っての道を選んだのが大間違い。夕方ってのもありまんまと渋滞にはまりバイトに遅刻。

今日足首をテーピングした選手に、試合後「足首どうだった?」と聞いたら「左足だけちょっときつめだったけど、良かったよ」と返してくれて嬉しかった。

選手の1人が私にニックネームをつけてくれた。

むしろ自分が覚えられなかったから勝手に省略しただけやっちゃけど、「Akiko」に二つKがあるので「KK」(ケイケイ)だって。

そういうふうにアルファベット二文字のあだ名の人って意外と多くて、「TJ」とか「JC」とか覚えやすいことは覚えやすいけど、本人は自分の名前をそんなNHKみたいに略されていいっちゃろか?とも思うけど、そういう人たちは親にもそう呼ばれるし自分でもそう名乗るから、別にいいんだろね。

でも選手の中に「T4」ってのがいて、一体もとの名前が何なのか検討もつかん。

もしかしてT1からT10ぐらいまでおるっちゃろか・・

実際「ケイケイ、ケイケイ」って呼ばれるとちょっと可愛く聞こえるので割りと気に入ってるけど、一歩間違えたら「KKK」になるよね笑

ふだんこっちでは少しでも短くすべく「AKI」と名乗るんだけど、ヘッドATCが「アキコの方が好きだから」ってアキコって呼ぶもんだから、選手にもアキコで名乗ったほうが混乱が減っていいかと思ってもアキコじゃ難しすぎてめったに覚えてもらえんとよね。

カリフォルニアのメキシカン人口の巨大さからなのか、こっちで初対面の人に「AKI」って名乗ると

「AKI? スペイン語のHereみたいに?」って言われる。

スペイン語でアキって「ここ」の意味らしいです。
もっともそのアキは「キ」にアクセントだけど。


あたしは「スタバネーム」というものも持っていて、「Kate」(ケイト)といいます。知られざる別名(笑

これは、毎日スタバに行くたびこっちのスタバでは(日本でもするのかな?)コーヒーを注文する際に名前を聞かれます。

あとから出来たコーヒーを他の人のと間違えないようにするために。

そのときにいちいちバカみたいに「あき、A、K、I」なんてスペルまで言うのがめんどくさいしバカらしいしで、いつからか簡単な「Kate」って名乗る習慣がついたのです。

「ケイト」って名乗れば100%一発で通じるし、スペル聞かれるなんてことも絶対にない。これですっきり。

たかがコーヒーを受け取るためだけの整理番号的な目的で名前を聞かれるだけなのに、こないだ近所のスタバで見かけた日本人ときたら

「ショウイチロウ、S、H、O、I、・・・・」

「チハル、C、H、I、・・・」

と、何度も延々と言ってました。店員もかなりイライラしてた。当たり前。こいつらアホかと思いました。観光客ならまだしも・・・。

Kateって使い始めたのは前に誰だったか忘れたけど(ブライアン??)
「私にイングリッシュネームをつけるとしたら?」でケイトってつけた人がいたんだよね。

ケイトっていう地味さと王道さが、「アキコ」っていう地味さと王道さに共通してる気がしてね。マッチしてるような気がするのですがどーでしょう?

「ケイケイ」が定着するかどうかはまだ分かりません。
19 : 21 : 42 | LA生活 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
しあわせ・・
2006 / 08 / 25 ( Fri )
やっとやっと長かった夏の授業が終わりました。

私にもやっとやっと短い夏休みが来たよ!!十日ほどですが・・・

ほんとだったら今日、日本に飛ぶ予定だったんだよなあ・・・・

悲しくなるのでもう日本への未練がましい逃避行妄想はやめようと思います。

思います・・・。

こうやって落ち着いてブログ更新できるのもいつぶりだろうか。

夏の前半はまだ授業とバイトだけだったから結構余裕で過ごしてたっちゃけど、実習始まってからこの二週間ぐらいまじ忙しかった~・・・


夏休みとはいえ実習先には毎日のように行かないといけないんですが。。

まー実習だけに集中できる期間てのもこれからなかなかないので、一日一日もりもり吸収してこー。

実習では毎日いかついアメフト選手大勢を相手に奮闘中。

アメフトチームと働くのはこれが初めてではないけど、ちゃんとしたStudent trainerとしては初めて。

前SMCで働いてたときはただの水運びだったんで。子供でもできるよーな。

色んな意味でこのWest LA Collegeが私の、アスレティックトレーナーとしての出発点。

素晴らしい師匠にも出会えてほんとラッキー者だ。


この夏を通して学んだ知識と技術が、そっくりそのままフィールドで要求される。

つい数日前に受けた実技の怪我のテストと全く同じ怪我がフィールドやトレーニングルームで見れるって、当たり前っちゃー当たり前なんだけど地味に感動する。

まるで私のために理想的な教材になってくれる選手たちに「この怪我してくれてありがとう」って感じ。かわいそうに。

にしてもアメフトってなんであんな無謀なスポーツなんだろう・・・怪我したいがためにプレーしてるとしか思えん。

あたしが働いた短い日数ですでに足首捻挫、MCL sprain, contusions, Heat Exhaustion, concussions, 骨折、Hamstring Strains, and so on...

(日本語が分からない・・・)


どれも基本中の基本みたいな怪我ばっかだから、それぞれの評価方法も治療もリハビリも全て見れてなんかお得感。
  

このブログを目にする人の中には立派なATさんもいるかもしれないし、学生でも私にとっては雲の上の存在のようなこの道の先輩たちの目に少しでもとまるかもしれないと思うと、アスレティックトレーニングネタを書くのは実はすんごい恥ずかしい。


足首ひねったんだ、へえ~」って面白がるレベル。

まめができて痛いからちょっとどうにかして」って言われて

「え、どうやって?」ってレベル。

怪我した選手がアイシング終わった五秒後にあつあつのホットパックかぶせて「おいおいおい」ってヘッドに止められるレベル。


でもこのど素人っぷりを隠したところで何にもならないので、開き直ってたまには書こうかなと思います。学んでること。

いつか読み返したらけらけら笑えるようにね。



タイトルに「しあわせ・・」って書いたのは、今これ以上ないくらい精神的に解放的になれてるから。

今日も実習を7時まで頑張ったあと、帰りにIn&Outをドライブスルーして(笑、お腹いっぱいになって、現在近所のカフェでだんなさんが仕事終わるまでネットサーヒン中♪♪

ファイナルも終わったし明日は実習も休みだし♪(バイトあるけど・・


話は全く違うけど、アメリカといえばデブですね。むしろアメリカ=デブです。

私が3年間のアメリカ留学で知ったことは「アメリカ人はデブ」ってことぐらいです。

(「バカ」と言わなかっただけでも私は出来た人間です)


太り狂っていてもそれを自覚する器があればまだ救いはあるほうで、アメリカ人がバカなのは(結局バカって言ってる)、それを認めようとしないこと。

こないだ授業で背骨の見分け方(ひとつひとつの背骨を触って見つける練習)をしたとき、嫌な予感はしてたんですが、私のパートナーになったクラスメイトがデブ子ちゃんでした。

ええ、もちろん分かるわけありません。


特に下半身に近づくにつれて背骨もクソもあったもんじゃなくなります。

背骨を見つけようと必死でさぐっても肉に埋もれてゆくばかり。

骨盤ってあるじゃん、足の付け根にボコって骨盤の骨(ASIS)が出てるでしょ。

あれがないの。どこにもないの。掘っても掘ってもないの。

PSISなんてもちろん見つかる気配もない。

練習する間先生は教室をぐるぐる回って生徒を指導してて、先生が私に

「How you doing?」と聞いたとき私は

「先生、自分の指がどこにあるかわからなくなりました」

と聞きそうになりました。聞かなかっただけでも私は出来た人間です。


豊かな肉をぶるんぶるんつつくだけで一向に練習になっていないあたし。

もちろんビミョーーーな空気が流れます。

「えっと、これがS1(背骨の名前)で・・・・えっと・・・」と私がしどろもどろしているのを聞いて彼女はみかねて一言。

「私のは見つけにくいかも・・・」ああ、この子は自分の問題をわかってはいるのね、と思いきや彼女の次の一言。




「昔背骨を痛めて、少し曲がってるから・・・」





いや、じゃかいちげーやろ?





おっと思わず宮崎弁。





噴き上げるツッコミを押し殺して、聞き流す。次に彼女が口にしたのは




「小さい頃から乗馬をやってて、たくさん怪我をしたのよね」





「ああ馬が?」





と言わなかっただけでも私はなんて出来た人間でしょう。

さほど立派な馬をお持ちだったんでしょう。



そのあとこの彼女とパートナーになったジェニファーは、必死で背骨を探しながら

「私背骨見つけるの下手だから・・・」


と苦し紛れに言ってました。

さすがの雨人でも空気は読めるってやつです。



私の実習先には私ともう1人、同じ学校の上級生が実習生として来てます。

そしてこの彼がまた、デブ男です。

アスレティックトレーナーはみんな現場で腰にいわゆるでっかい「ポーチ」を巻いてて、いつでも怪我に対応できるように必要な道具をその中にも備えてます。

そのポーチを私が買いに行くにあたって、彼にどこで買えばいいか聞いたことからポーチの話になり、

「僕は腰に巻くタイプより背中に斜めがけするタイプのが好きだから」

ああ、そりゃその腹に巻けるはずないもんな、不憫にな。

と思ったら彼は









「腰に巻くやつは走るとずれ落ちてくるからね」






いや、じゃかいちげーやろがて。





巻けないでしょ?

万が一彼の腰でも巻けるポーチがあったとしても、食い込むでしょ?

どんだけあんたが走っても食い込むでしょ?





あーどやつもこやつも。

アメリカでは「デブ」とか、それに値する言葉を人に言うのはタブーです。

さすがにデブとは言わずとも、FatとかBigとかChabbyとかObesedとか、絶対に人に向かって言ってはいけないらしい。

でもどうしても公共の場で「太っている」を表現したいとき、最近



「Horizontally Callenged」

とか言うらしい。

これどっかで読んだとき爆笑したのは私だけ?

12 : 59 : 39 | 学生トレーナー時代 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
私はというと
2006 / 08 / 21 ( Mon )
更新が怠っています。

何故かって理由はただ一つ、最近てげ忙しいとて・・・・!!!

夏のクラスのファイナル&バイト&毎日の実習でへとへと。

サーフィンなんて全くいけてません。

なのにブライアンだけ友達と毎週しっかり行ってるし・・・・

そんな忙しい中でもこんな映像を見つけてくるぐらいの余裕はありました。クリッククリック。

最近日本でなんだかとっても売れているらしいね?彼女。

ただ肌を露出しまくるだけで日本では売れるんだね・・・。

あんなのがLAでハリウッドのクラブあたりに居ても全く誰も声かけないと思うんだが・・・。


あ、好きな人おったらごめん・・・。





15 : 15 : 53 | 学生トレーナー時代 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ついさっき
2006 / 08 / 11 ( Fri )
うちのすぐ近所の日系スーパーにしその葉を買いにふらりと立ち寄った。

しそはどこだっけ・・・しそしそ・・・

しそしそ・・・・


あっ

きれいなおねーさんが買い物してる・・・

















って荒川静香だしwww



さすが一応ここはアメリカ、誰も気づいてない。

どうしよう、話しかけたいけど恥ずかしい・・・じろじろ見ちゃいかん・・・

白くて細くてオーラがある・・・



天童よしみに似てると思ってたけど・・・



テレビよりずっと綺麗!


あっおせんべい見てる・・・・


と挙動不審になっていると、前方から歩いてくるのは前のバイト先の男の子!

しかも都合よくデジカメ持ってるし笑

その人が意気揚々と「話しかけようぜ!」というのでオドオドついていき、まんまと一緒に写真撮ってもらいましたv



写真は後日公開予定


ブリトニー見たときよりも感動
15 : 49 : 46 | LA生活 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
いいことば
2006 / 08 / 10 ( Thu )
基本的に何語だろうと「言葉」は好きなものの一つ。

なんでもない日々の中で、ふと耳が素敵なフレーズを拾う。

それは授業中だったりお客さんとのやりとりだったり友達との会話だったり、好きな人の短い言葉だったりする。


もうだいぶ前だけど、物静かな若い夫婦が平日の6時にわざわざ予約を入れてディナーを食べに来てた。

そんな時間に忙しいことはまずなくて、がら空きだから

「わざわざ予約の電話をしてもらったけど必要なかったみたいだね」と言ったら、

「It's ok. We did so out of respect.」

と旦那さんは私に答えた。


なんでも、生まれて数週間の赤ちゃんをベビーシッターに預けてきたからその夜は久しぶりに二人でゆっくり過ごすスペシャルな夜だったそう。

「そんなスペシャルなディナーに、このお店を選んでくれてありがとう」

と、そのとき言っておけばよかったなとあとから思うくらい

心に残るフレーズだった。



こんないい客ばっかだったら苦労しねーよな・・・



今日は夕方実習先で昨日に引き続きテーピングを習うことになってたから、学校のあと405の鬼のような渋滞をぬけてやっとこさWLACにたどり着いたと思ったらヘッドATCが居ない。

体育館かフィールドにでも出てるのかな?と思ってうろうろ・・・

体育館に居たのは新しくここで友達になった男の子。


私「てゆーかDennis(ATC)どこ?」

彼「今日は朝からいないよ。アンタ何しにきたの?」


・・・・。

いやふつーに今日来いって言われたんすけど・・・。

あめじん適当なのはイヤというほど知ってるつもりでもね・・・

あたしもたいがい適当人だけどさあ・・・

ガソリン代かえして・・・。


15 : 15 : 35 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
実習先で
2006 / 08 / 07 ( Mon )
先週バイト仲間のMちゃんが家をおなくしになってうちに泊まりに来てました。

夜中にYoutubeでお笑いを見てケタケタ笑って夜更かししたのは言うまでもありません。

秋からの実習先がWest LA Collegeという、うちから車で15分くらいのカレッジに決まり、木曜日に挨拶に行ってきました。

ヘッドATCの名前とメールの文面が女っぽかったので、またおばさんか・・・と憂鬱になっていたのですが。

なぜならSMCでのヘッドのおばさんがとっても苦手だったから。


ところが、超いいおっちゃんでした!!! 感動!


彼のいるトレーニングルームを探して体育館の近くをうろうろしていたら、突然近くの部屋の中から


「AkikoっていうJapanese Girlが・・・・」


と聞こえてきて、びっくりしてそこに入って行って


「あの、今誰かあたしのこと呼びましたか?」


「えっ、君がアキコ?!すごい偶然だね!!」


てな感じで。もうこのおっちゃんのマシンガントークがすごくて口をはさむスキもない。

「こっちに来て3年にしちゃ英語うまいね~!」

ってほめてくれたけど、いやあたし喋るスキ与えられてなくない?!
みたいな笑


これから今年いっぱいまでこの愉快なおっちゃんATCのもとで楽しく働けそう♪よかった~♪♪


昨日は早速、アメフトの選手たちおよそ60人の身体検査の手伝いをしてきた。

私の担当は血圧測定。

腕が太すぎて普通の測定器じゃ測れない選手がいっぱいいて、手動のあの「プシュップシュッ」ってするやつで測ってはみたもののよく分からず焦った。

脈をとるときどいつもこいつも

「俺死んでる?!」ってはしゃぐので途中から無視体制に入った。

「はい、リラックスしてください」というと

「こいつら(チームメイト)がアグリーすぎてリラックスできない」

とほざくので完全無視体制を整えた。


何はともあれフットボールシーズン、去年に比べたら充実したものになりそーです。

木曜から練習始まるんだけど、いきなり初日から選手のテーピングさせられるらしくて・・・・

なんちゃってテーピングしかできないのに・・・慌てて帰りにテープを買って帰ってブライアンをぐるぐる巻きにした。

でもブライアンの足首なんて捻挫もしてなければ健康そのものだから、
「どう?」って聞いても「うんいいよ」としか言わないので参考にならない。


なので、


軽く捻挫させようかとたくらんでます。


さーて今からバイト~。今夜はご近所さんのケビン(聖ちゃん、あの遠近法のケビンだよ)が食べに来てくれることになってる。

「彼女連れてきなよ」つったら

「No time fot that shit」 だそうで・・・やっぱ芸なのかな・・・





08 : 08 : 46 | 学生トレーナー時代 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
わ~い
2006 / 08 / 01 ( Tue )
土曜は予告どおり第二回サーヒン行って来た!!

恐らくこの夏の間中あたしがどっぷり陥るであろう、王道の悪循環というものが存在する。

それは、


学校がない日はたいがい14時~15時ごろ起床。
         ↓
当然夜眠れず明け方まで起きてる。
         ↓
学校がある日はいつも朝8時半起き。
         ↓
睡眠時間3、4時間でふらふらと学校へ行く。
         ↓
夕方帰ってそっこーバカ寝する。
         ↓
また明け方まで目玉がらんらんばいきんまん。



・・・とまあ、とっても私らしい生活なんですけども。もう早寝早起きなんていう生活習慣が私にはどうあがいても無理だということが判明しきっているので、もうこのままいきます。

ところが、ギルたちがサーフィンに行くのは決まって早朝、6時集合。

そこへ参加するために私がどうなるかというと、


ええもちろん一睡もせずに6時から3時間海で波にもまれっぱなしになるわけです。

今回は、ほんとに、冗談抜きで、大真面目に、



沖でサーフボードの上で居眠りしました。


私の身に万が一のことがあったら、私は大海でぷかぷかと眠りながら安らかにイッタと皆に伝えて下さい。

まーチャリこぎながらこっくりできるあたしにゃ朝飯前やけんよ。


前日の夜にブライアンが「ちょっとジェフにボード借りてくる」って出て行って、しばらくしたらボロボロのロングボードを抱えて戻ってきて、


「これもらった。」 って。


ら、ラッキー!!!

ということで、まんまとロングボード入手しました。これでいつでも行けるわっ!

ほんとはブライアン抜きでも行きたいっちゃけど、なんせでかい板やしブライアンのトラックじゃないと積めないのよね。

「トラックちょいと貸してよ」 って頼んだら「絶対イヤ」って言われたし。


そんで今回は前回の二人に加えて、ジェフともう一人どこぞやのジャニーズ系ポルトガル人アーサーも参戦。

男5人に女あたし1人! 


ふへへvvvv 両手両足に花??

両手両足でも足りないし、じゃあブライアンは遠慮させてもらおうかな笑


その美形ポルトガル人、突然みんなと一緒に現れてろくに英語も喋らないから一体こいつは何者だと思って、ギルに

「どーやって知り合ったの??」 って聞いたら


「どっかの浜辺で拾ってきた」  




・・・いや、いいけんよ別に。


かっこいいし。


なんかあれだね、いいね男同士って。

細かいこと気にせずにすぐつるんだりできるじゃん。

女同士はそうはいかないよ。

「類友」じゃないといけないような感があるもんね、細かいこと気にするし。

ちょっとした発言で「あ、この子とは合わないわ」とか、

ちょっとズレた服装やらメイクで「この子とは一緒にいたくないわ」とか、そんなんばっかだもんね。

それは日本だけじゃなくて、女の世界では世界共通みたい。



まーそんなことはいいとして。

肝心の波乗りは・・・うん、まあ、じょじょにね、じょじょに。

そのうち板の上でバク転してテレビに映るからまっちょって。


昼ごろ帰ってバカ寝し、5時からバイトやったのに起きたら


4時45分。


それでも5分の遅刻で済ませました。

いつも化粧に5分ぐらいはかけるのに、その日約数十秒で終わらせたところ、バイト友達には

「いつもとかわんねーよ」

と言われました。



あたしの夏もやっと上がり調子です。勉強も頑張ってるよん。

17 : 47 : 16 | LA生活 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。