スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
チャルメラ
2008 / 09 / 30 ( Tue )
さらりと引越しました。

SamとCJというスリランカ人姉妹とこれから二ヶ月の共同生活です。

CJの本名を聞いたところ、何回聞いても「チャルメラ」だった。

・・・。


家に人がいるって感覚が久しぶりで、一匹狼の私だけどちょっと嬉しかったり。

二ヵ月後にはこの家を売り払うらしいので、短い期間ではありますが。

ルームメイト・サム子は大学のアスレティックトレーニング学科の学生で後輩のような存在。

人なつこい性格でどこでも人気者で、家族以外と住むのは初めてらしくきゃぴきゃぴ喜んでる。

とにかく私の部屋に来ておしゃべりしたくてしょうがない様子。どこまで付き合いきれるかは分からんが、ベストを尽くすつもりではいます。

とりあえずは彼女がひかえてるBOC(ATCの試験)を合格させるのが私のミッション。

スリランカの言語(シンガリースというらしい)では、「お姉ちゃん」は「Aki」と言うんだそうな。

面白い偶然やね。


スポンサーサイト
06 : 18 : 35 | ミズーリ生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
その4
2008 / 09 / 28 ( Sun )
夏の旅行記第四弾。

@阿蘇・黒川温泉。

08summer 197

いちいち涙の出る美味しさ。
アメリカ5年(相方は27年 笑)でとことんレベルの下がった味覚にこんな美味しいものを次々放り込んだらショック死するわよ。

名物・馬刺しも美味しかった~

08summer 202

でもこんな輝くご馳走にも負けない光を放つのは・・・やっぱこれでしょ。
ちなみにこの麒麟の缶ビール旨くねー?

08summer 206

温泉に別れを告げたら、一気に福岡までぐんぐん上昇!
ブライアンの幼馴染・ギャリー(現在福岡在住)と博多キャナルシティで対面。
これはマリンシティ(だっけ?)の観覧車。

08summer 224

夜はギャリー一家とほのぼの。思い出に残る一夜となりました。

08summer 231

はい、福岡からぶっとばして宮崎の実家までおかえり。
私が小学校一年生だったときに建った家も、いつの間にか古びてきてました。
気づかない間に、ながーい時間が過ぎたんだねえ・・・

08summer 233

いとこの愛娘、すみれ氏。美形なのにかなりアグレッシブな彼女。

08summer 301

宮崎の新しいメッカ、イオンモールからの夕日。

宮崎の空はやっぱり世界中どこで見る空とも違う気がするのは私だけかなあ。

08summer 305

ブライアンにとって日本最後となるこの夜は、甲斐家三人兄弟と一緒に夜の海で花火(もちろんビールつき)!

やっぱ宮崎で若者の遊びといったら結局最後はこうなるね。

花火のつもりが焚き火もしました。クソ暑いのに。写真はうちのデカイ妹と内向的な弟。

兄弟3人揃って遊んだのなんて、いつ以来か記憶にもない。ブライアンにとっても特別な一日になりましたとさ。


またいつかに続く♪



11 : 44 : 43 | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ブー
2008 / 09 / 26 ( Fri )

ああ、自分疲れてんなぁと思うとき。




夜の授業のあと提出期限を過ぎた課題を終わらせようと図書館に行ったらいきなり鼻血が出て止まらず、図書館のトイレに延々とこもる羽目になったとき。



そんな酷い一週間も残すところあと二日で終わりです。

私が倒れそうに疲れてるときに怪我をするのは今後禁止にしたい。

ワケわかんねぇ授業でワケわかんねぇけどリウマチについて20分のプレゼンテーションをしなきゃならなかったのは月曜日。

前日朝の4時ごろから準備を始める私はいつもの私。

発表内容の単語の発音すら怪しい状態で、体操の練習が終わったらそっこープレゼンというスケジュール。

練習は残り15分。さすがに必死にプレゼンの心配をする私。早く練習終わってくれ、と思ってたら




ええええ



このタイミングで怪我かよ・・・・・・





まあ、何とか乗り切りました。

でも月曜に溜め込んだ疲れをしっかり一週間引きずるあたり、もう20代後半間近の体です。


辛いです。日本食、いやアジア食でいいから食べたいよう・・・

日記もまともに書く気にならない生活なんていやだあ・・・・



10 : 26 : 24 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
その3
2008 / 09 / 26 ( Fri )
夏の写真旅行記第三弾。 第一弾 第二弾


阿蘇の黒川温泉街の町並み。

08summer 176

08summer 182

08summer 184

08summer 186

08summer 189

08summer 190

08summer 192

↑必死な感じが伝わってきます。よほど迷惑してるんでしょう。


またいつかに続く♪

10 : 07 : 20 | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
その2
2008 / 09 / 20 ( Sat )
夏の旅行記第二段。 (第一弾はこちら


08summer 133

霧島の温泉へレンタカーしてやってきた!(ちなみに左車線での運転の経験はない2人。)

08summer 139

もう完全に非現実で夢見心地

08summer 145

部屋でわざわざ仲居さんが天ぷらを揚げてくれる。めちゃくちゃいいおばちゃんで、至れり尽くせりのサービスに恐縮しっぱなし。
会話もはずんで、アメリカから来てることを伝えたら

「まあ、だから旦那さん(ブラのことらしい)お話にならないのね?! 心配してたんですよ、何もおっしゃらないから!」 って笑


08summer 147

仲居さんの揚げてくれた天ぷらもパシャり。

08summer 137

ぎゃー

08summer 149

次の日は今をときめく阿蘇の黒川温泉へ向けて出発。途中で滝を発見。

08summer 154

レンタカーは軽だったから、この山道果たして大丈夫なのかいちまつの不安もよぎりつつ。
カーナビはこんなことに・・・

08summer 157

そしてこんなことに・・・・・・・・・

08summer 177

でも無事着きました、黒川温泉! 温泉街にて。

11 : 42 : 45 | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ランダムに①
2008 / 09 / 19 ( Fri )
ものすごく今更だけど、夏の日本旅行記というか写真を少しばかり。

08summer 012

↑まず降り立ったのは名古屋・セントレア空港。めっちゃでかくて店も沢山あって数時間は軽くつぶせます!
記念すべき日本での一食目は浜勝(笑)。 
名古屋名物の味噌カツが美味しかった 
久しぶりの日本で実感がないうえ、ブライアンと一緒なのであまりにきょどり、何故か英語でオーダー。ウェイトレスのおばちゃんは慣れた調子で日本語で対応してくれました。

08summer 073

↑わざわざ白熊をおいてそうな喫茶店を探す。これは大宮高校近く。ブライアンに「白熊食べよう」といったら「ポーラーベアを食べるのか」 って興奮してたけど、カキ氷だとは思わなかった様子。


08summer 083


↑これぞ宮崎!って感じの青島へのドライブ。日本のカリフォルニアと誰かが言ったらしいのも納得でしょ?


08summer 093

↑堀切峠の道の駅にて。エビ味ソフトクリームにまたも興奮するブラ子。
でも結局試す勇気はなく。一体どんな味なんだ・・・


08summer 094


↑かの有名な「鬼の洗濯岩」。ここでしか見られませんぜ。いつ見てもきれい。ブライアンは一生懸命「おにのせんたくいわ」を覚えようとするも、「おにのせんたくのいわ」 どまり。のが多い。

ボケてるんだか真面目なんだか知らないけど、「で、どこで洗濯するの?」 だそうです・・・



08summer 103


08summer 105

↑ヤンキー座りの甲斐姉妹

08summer 110

↑5年ぶりにこの亜熱帯の猛烈な湿気を体験しもはや気を失いそうな私。凄すぎる。汗だく。



またいつかに続く









00 : 15 : 36 | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いつか結ばれるより今夜一時間会いたいBy宇多田ヒカル
2008 / 09 / 18 ( Thu )
今日という日がとんでもなく長くて終わりが来るのだろうかと真剣に疑ってるあっこです。

何がいけないかってさーーー

いや愚痴だけどさーーーー

なんでいちいち一時間おきにトリートメント(もしくはリハビリ)来るわけ?みんな・・・

やっと1人終わったと思ったら次、一時間後。

また1人終わったと思ったらその次、また一時間後。


一時間って全く理にかなってない単位やない??

60分って・・・・60分って!中途半端だって!

大宮の授業って何分だったっけ?75分?

当時は嫌だったけど今になって思うよ、それくらいないと授業もなかなか進まないだろーよ。

(2分のホームルームで爆寝してた私が言うけども)

もうとっくにこの制度も廃止されただろーけどさ。



そして体操選手2人を愛車に放り込んでチームドクターに連れて行き、

帰ってきたらまた、授業が一時間後だよ。ああ、やってらんないこの一時間周期。


朝6時からこんな状態で一日が進んでて、しめて12時間かけて6時間でできたことをやってる感じ。

もっとポンポンいこーぜポンポン・・・


ああ統計学・・・・・ これだけは一時間で終わってくれない。三時間・・・。


田舎の大学だからなのかなんなのか、授業中にパソコンでノートとってる人いないんだよね・・・

学部の頃はパソコン広げてる人いっぱいいたから授業中ネットサーフィンして楽しんだもんだ・・・。

もー今の時代ペンで紙に書き書きしないでしょーーー 資源大切にしよーよーーー

かといって1人でパソコン広げて目立ちまくる度胸はない私。最前列だし。

でも最前列で舟をこぐ度胸は今も変わらず健在なわたし。


あーねっみーーーーー




07 : 49 : 35 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
夜の授業のあと
2008 / 09 / 16 ( Tue )
毎日朝から晩まで、戦わなきゃいけないものが山ほどあるんだから

寂しいなんて自分の感情にかまってる暇もエネルギーもないはずなのに

それが何よりも強敵だなんてやってらんないです。

寂しい。遠い。寂しい。遠い。何も見えないくらい遠い。

また一日どうにか頑張って乗り越えても、帰りたい場所も待っててくれる人もあたしは全部置いてきてしまった。

こんなんで幸せになんかなれるのかな。いつも自分の意地と野心ばかりで

普通の幸せでいいのに。居心地のいいところに居ればいいのに。

待ってくれる人のところに帰ればそれでいいのに。


11 : 38 : 18 | whats in myself | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
新居
2008 / 09 / 15 ( Mon )
引っ越すんですよ。今月末に。

そんで新しい家を昨日見せてもらいに行ってきた。

実習生の子の実家なんだけど、アメリカのこの田舎で一軒家っていうから広いことは間違いないんじゃないかと思ってたら・・・


う、うーん。


って感じでした。


とりあえずハリケーンまたは吹雪に耐えられるのか非常に疑わしい造りだったから、これから二ヶ月私がそこに住む間にメジャーハリケーンが来ないことを願うのみ。

もしアメリカ南部のハリケーンのニュースを見たら私が被害に遭ってると思って心配してください。


二匹の犬がいて(ビートル?そんな犬いる?)、かわいいんだけど犬臭が・・・・・

来月からルームメートになるその子と、ご飯食べてDVD見てくっちゃべって帰りました。誰と誰がくっついて別れてとか、そんな話を延々と聞かされる。

いわゆるカレッジタウンで本当にやることがないから、みんな惚れたハレたしかやることがないんですね。これはどこの国の田舎でも共通なんだね。

学生だけじゃなくてスタッフたちも。まじないわーーってドン引きすることがあっちでもこっちでもという具合に・・・。仕事にもっとプライド持とーよ・・・

あ~やだやだ。なんて狭いんだろうかここの人らの世界は。きもちわる。

07 : 07 : 45 | ミズーリ生活 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
拾う今倍
2008 / 09 / 13 ( Sat )
「ひろうこんばい」と変換できないのはなんでですか。

いくらアメリカで買ったパソコンだからって・・・。

あああ。そんなことにもものすごい疲れを感じるあたしはとっても疲れています。

一体何なんだろうこのバタバタ感は。

これに慣れて楽々こなせる日が来るとは到底思えないんですが。


前日にスケジュール帳にみっちり予定を立ててるのに、朝フラリと選手が入ってきて「目が痛い」だの「腰が痛い」だの言い出すだけで全てのリズムが狂ってしまうこのもろさ。

怪我も病気も全て予定通り起こってくれればいいのにと真剣に思う日々。


昨日うちのフットボールの三試合目があり、わずか二点差で惜しくも負けてしまったらしいんだけど、びっくりするのは先週のアウェイの試合。

対戦相手はMissouri Stateでそこそこに強いらしいことは聞いてたけど、テレビで速報やってて知ったスコアに思わず口が開いた。52対3。


・・・・・。


来年フットボールが回ってこないことを願うばかりです。

弱いチームほど怪我はいっちょまえにするというのはここでも当たってるし。ACLぶつんぶつん切るし。



話は変わるけど、私にもいっちょまえに実習生がついてくれてます。

なかなかいい子で、気もまあまあ効くしやる気も割りとあるし、何よりもいいのは残念ながらATに関しての知識はあまり(殆ど)ないので、私なんかでも教えられることがいっぱいあること。

今日もチアリーダーが「膝が痛い」って来たから(チアリーダーも私の担当なんだけど正直それどころじゃないので非常に面倒な存在)、その学生レイチェルに評価をやらせてみたら


「Tendinitis(腱鞘炎)だと思う!」



って自信満々に言うのでどれどれ、と見てみたけど、どーー考えてもそんなとこにTendon(腱)はない件。

はは・・・。「そ、そこに腱なんてないと思うよ」って言うのもちょっと気が引けたけど他に言いようがないよ。


つーかチアリーダーさ、毎日のよーに誰かれ来ては怪我の理由はいつも


「リフトしたら誰もキャッチしてくれなくて地面に落ちた」 


そんなに毎日のよーに人間落っことすなら最初から投げるのやめなよ!

せめて練習してからにしなよ!

こっちはあんたらにかまってる暇ないんだよ!


そして私が気づいた重要なポイント。

落ちる人がいるなら、当然落とす人がいる。


先週来た二人の男子チアリーダー。2人とも肩の怪我で理由は






「人をキャッチしようとしたら肩に落ちてきた」






だからもっとちゃんと練習してからにして!お願いだから!!

次に誰か落とした人または落とされた人が来たら、もうリフト禁止にしろってコーチに交渉しに行こうかと思います。



まだ愚痴いわせて。体操のコーチは毎週月曜日、私に「怪我レポート」なるものを提出させる。

こーれーが大変なんだってばあああ

「毎週月曜日の朝9時にコーチのミーティングがあるから、その時間までに選手全員の健康状態を簡単にまとめたレポートを送って」

っていうんだけど

朝9時ってことは日曜の夜には書き終われってことでしょーに・・・・・・

簡単にって、アンタ一回簡単に書いてみなよ・・・・軽く3ページはいくの知ってるくせに・・・

シーズンでもないのにみっちり土曜日まで練習する(しかも朝8時)から、私の唯一の休みは日曜なのに、ほぼ一日このレポートにかかる。

いやぁぁ

授業始まってまだ一回も勉強してないし。ムリック。一応大学院生なんですけど・・・・


11 : 18 : 24 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ヘルプ
2008 / 09 / 07 ( Sun )
8月末にアメフトキャンプが終了してから、すでに体重が5パウンド(2~3キロ)減りましたあっこです。

ええ例のごとく食べてません。

一日に食べたものがシリアルとダイエットコークとマッシュルーム炒め

連日そんな有様で、一体あたしは何のダイエットをしてるんだろう・・・と思います

これ以上減らないように頑張って食べようとは思うけど、こうも忙しいとなかなか。

毎日一グラムでも減って欲しいと願ってやまなかった高校生時代が懐かしいよ・・・


今日(土曜日)でやっと今週の体操部の練習が終わり、頑張ったご褒美に、と思ってひさびさに外で好物のチキンシーザーサラダ(しめて$7)をオーダーしたら

不味かった件。



あー おちるわー




自分で作るほうがよっぽど美味しいわーこれじゃ。



体操の練習が始まって、やっとこさ二週間が過ぎた。

こんなに精神的負担が大きかった二週間もなかなかないよ、ここ最近。

一部の人にしか分からない話になってしまって申し訳ないけども

この私が受け持つ大学の女子体操部は、体操の成績こそいまいちぱっとしないものの(それでもDivision 1なのでもちろんみんな上手いけど)、二年連続でNCAA National Academic Championに輝いたという、なんとも頭のいい子たちの集まりなんです。

つまりアメリカの全部の大学のスポーツチームの中で一番勉強ができるらしい。

ちなみにチーム全体の平均GPAは、3.84  (4が最高)

つまりは17人いる選手たちのほとんどが、基本的に全ての授業でAしか取らないっつーことで。


体操っていう競技柄、このレベルで競技してる選手達はみんな小学生ぐらいから体操一色の生活をしてる子ばっかりなので、一般的にトップレベルでそんだけ頭のいい子は少数派と言えます。

少なくとも日本の女子のトップ選手でそれだけの学力を持ち合わせた子は私は知らない。体操で進学するからね。


コーチはコリアンアメリカンの男の人で、これまたやっぱり頭のよく切れる人で。

解剖学や怪我に関する知識も、下手したらあたしなんかよりよっぽどあるんじゃなかろーか・・・

しかもアシスタントコーチの女性は、大学でアスレティックトレーニングを専攻したらしく、BOCまで受けるつもりだったそうで。


ええ、つまりはうっかり的外れな発言できないんですよ。

もう既に「この子大丈夫かしら・・・」的な視線をひしひしと浴びてるのに、これ以上プレッシャーは必要ないわあぁ

もー選手が怪我するたんびに心配の種は怪我そのものよりも「コーチになんて説明しよう・・・・こんなこと言ったらまたバカだと思われるかも・・・」 みたいな具合で悪循環もいいところ。

せっかく念願の体操の仕事なのに、これじゃー楽しむなんて余裕はどこ探してもないよー

毎日弱音ばっかり吐きたいのに吐く相手もいないし・・・。


段違いの離れ技とか跳馬のユルチェンコとか、ただそばで見てるだけならわくわくしてられるのに

「今もし手が離れて頭打ったら・・・腕折ったらどうしよう・・・」

とかそんな雑念ばっかりでもーーー嫌っ 

楽天家で神経の太い私は一体どこにいったのかすら・・・・。



AT関係の方。

Hip flexor Tightnessで痛みがずっと取れない選手がいて困ってます。

とりあえずHip周辺のStrengthとEnduranceとFlexibility(って言っても体操選手なのでこれ以上やわらかくなりようがないけど)を改善すべく色々やってて、痛みを減らすべくTrigger Point MassageやらE-stimやらJoint mobやらも試してみてるけど一向に痛みがなくなりません。

Hip extensorのContraction patternを正せ、とかどっかで見たけどそれもいまいちどこをどう正せばいいのか分からないんですが・・・・ 何かいいアイディアありませんか?

っていってもまだトリートメント始めて一週間しか経ってないからなんともいえない部分はあるけど・・・


何か提案あったら是非教えて下さい(><)


11 : 18 : 52 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
パネラ
2008 / 09 / 02 ( Tue )
いつもコメントくれる心温かい皆様ほんとにありがとう

いちいちすっごい励まされてます。

スパム・迷惑コメントが多いのでそれと区別するためだけにコメントを承認制にしてます。見たらすぐに承認してますので、めげずに書き込んで頂けると嬉しいです。



やっと!見つけた。ネットがタダで割と遅くまで開いてるカフェ!

こんな佐土原みたいなとこにあるはずもないかと半分諦めてたら、盲点だった。チェーン店のPaneraがここにもちゃんとあった! 食べ物も割りと美味しいしね。

>Ami  ミズーリにもあったよ!北リッジで連れてってくれて感謝


金銭的事情で自分のアパートまだネットつないでなくて、不便極まりない生活をしてるのでこれからは当分ここに通えそう。

そして私1人では到底使い切れない広さの今のアパートを、来月引っ越すことになりそうです。

実習に来てる学生の家の部屋が空くということで、転がりこもーかと。

スリランカ人のめっちゃいい子です。

(何故かこんな白人と黒人しかいない地で、あのLAでも出会わないレアな人種に会うという・・・)

今のバカ広いアパートの家賃が$375(約4万円)で、それでも高いというこの僻地っぷり。宮崎といい勝負。

LAでこの値段じゃクローゼットくらいしか住めないんじゃなかろーか。

あそこだったらこんな広いアパートは$1500じゃ済まないよ。

今度住むところは$275という涙の出るありがたい値段でございます。

まあ、その分稼ぎがスズメの涙ばりだからなんとも言えない感もあるけども。

しばし田舎生活をせいぜい満喫するべく。

きっと二年後にはまた、住みにくいごみごみした都会へ舞い戻ってることでしょう。

で、こんな田舎が恋しくなるのかもね。

ないものねだりブルースby宇多田やね。



08 : 01 : 32 | ミズーリ生活 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
飛べない豚はただの・・・
2008 / 09 / 01 ( Mon )
うちの大学は一応Division 1ですが、アメフトは毎年しょぼい成績(リーグ最下位)らしいと聞いてました。

それでもこの佐土原みたいな町で、アメフトの試合といえば唯一のエンターテイメントと言っても過言ではなく、先週あった今シーズン初戦にはスタジアム(しょぼいスタジアム)がいっぱいに埋まるほど人が集まった。

多分あそこにいた人たちで町の人口の半分はいくんじゃないかって思った。

キャンプだけ強制で働かされた私たちも、学期が始まってからは自分のそれぞれの担当のスポーツの仕事のみになったからアメフトからはめでたく解放され。

なんだけど不思議なもので、仕事だとあんなにめんどくさくて早く終わってくれと思ってたのにいざ自分が観客となってフラっと見に行ってみるとこれが意外と面白いと初めて感じた。

よく考えてみたら私、アメフトの試合なんてトレーナーとしての仕事でしか見たことなかったから実際の試合の展開を観客席でまじまじと見たのなんて初めてだった。

今まではサイドラインで選手に水飲ましたり怪我の手当てしたり、ハーフタイムまであと何分だからあれとこれを用意して・・・・なんてバタバタしてたら試合の展開なんてもうどーでもよかった。

それがどっこい、ドリンクなんか買ってスリッパでのんびりと座って観戦するその優雅さといったら。しばし酔いしれたね。(?

その傍ら、アメフト担当の同僚のトレーナーたちがあくせく働くのをほくそえんで見るこのなんとも言えない優越感。

それなのに、ついつい癖でプレイが進むごとに選手がちゃんと起き上がったか、怪我してないかとかそういうとこにばっかり目が行っちゃってた。完全に職業病だね。

選手の剥がれそうなテープがやったら気になったり・・・


肝心の試合はというと、前半から後半の始めまでうちが無得点で萎える展開によっぽど途中で帰ろうかと思ったら、まさかの大逆転勝利。

スタジアムも大盛り上がりで、何よりも輝いてる選手たちの顔に地味に感動してしまったり。
やっぱり弱ってるよな~そのへん。。

羨ましいなと思った。私もあんな笑顔をしたい。
できれば、自分が何よりもかけてるもので。

壁が高い。想像してたよりもずっとずっと高くて分厚い。
情けなくなるくらい自分が臆病で、キャパが小さくて、踏ん張りがきかなくて、信じられないくらい不器用で、できないやつで
英語力だとかそんなどうしようもないことにいちいち凹んで、

終わりにしたいと毎日思うのに、毎日誓うのに、また一日が終われば同じとこにいて動けない自分がいて

私はこの仕事を、この二年を、この修行期間を何よりも誰よりも自分のものにしたくて、しなきゃいけなくて、自分を追い込みたくて、本気だからこそそうしたくて、なのに・・・

あー、今までどうやっていつも乗り越えてきたんだっけ。

思い出せない。


15 : 53 : 36 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。