スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
何味が好き?
2009 / 08 / 30 ( Sun )

そういえば、何個か前のエントリーにコメントをくれた方がいたのですが、それが誰だか分からずにすごーく気になってます。もしこれ見てたら是非名乗ってください!

名無しのごんべいさんではなく、記入してあった名前が何を隠そう




「塩味がすき」


さん・・・・・。



始まりが「お久しぶりです!」だったので、恐らくもう長いこと会っていない人で、且つ文中に「僕は」とあるので、男性とみて間違いないと思います。更に敬語なので、後輩もしくは年下と予想できます。


なので今あるこの人物に関する情報は


「長いこと会っていない、塩味が好きな年下の男性」


これだけです。





・・・・・・。





ちょっと、これだけの情報では誰か特定し兼ねます・・・・・。


なので、もしこれ見てたら名乗ってくださいね。気になって夜も爆睡です。





スポンサーサイト
17 : 55 : 08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
魔の二ヶ月
2009 / 08 / 28 ( Fri )

gametime!


今日はVarsity(上級)フットボールの初戦です

練習試合も含めればもう先週から昨日まで何試合もカバーしましたが今日は観客もある程度入るだろうし、初めての試合らしい試合

今週から院の授業も始まったので正直もうクッタクタです。

昨日のJV(中級)の練習試合中モーレツに眠かった・・・

いつ居眠りしてもおかしくなかった時なぜか4人同時に「あばらが痛くて息がしにくい」 「背中にヘルメットをくらって歩けない」 「肩がおかしい。痛すぎる」 「急所にヘルメットをくらって動けない」


舌打ちしたのは言うまでもありません。



まあ、うちあばら以外の三人は氷を放り投げてほっといたらほんの数分で何食わぬ顔でプレーしてましたが・・・・


肋骨君も折れてないと思うけどね。あんまり痛がるのでお母さんに話をしに行くと


「Tell him his mother said "suck it up."」  (ママがそんなの我慢しろと言ったと伝えて)


ごもっとも。こんな親ばっかりならトレーナーの苦労も半減するというもの。



あーーー今夜の試合さえ終われば週末・・・・長い・・・・・・


こっから二ヶ月間のシーズンが終わる日、私は感涙すること間違いなし





12 : 41 : 08 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
感動の嵐
2009 / 08 / 26 ( Wed )

今週に入ってから次々と凹むことがあってオチ気味のあっこです。


でも、そんな中でいいことがありました。

勤務先の高校で、放課後人を探して廊下を歩いていたら、廊下をチャリでうろうろしていたキャンパスのお巡りさんにいきなり呼び止められ、

「見慣れない顔だから怪しまれたのかな」 

と思っていたら、

「あんた、名前は?」

というので答えると



「ああ、違う。今、○○という名前の生徒を探してるんだ。じゃ。」




と。



へ~、そーですか。










って、














ってことは・・・・つまり












高校生と間違われた!!!!















誰に白い目で見られようと、この喜びを私は貫きます。


25歳まだまだアラサーなんて言わせない♪









20 : 06 : 40 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お家芸パート2 Statefarmの巻
2009 / 08 / 24 ( Mon )
さっき何気なく、住所が変わってから変更のあった新しく届いた車両保険のカードを見たら・・・・

思いっきり


「Hyundai Tiburon」


の文字。


は??



※Tiburonはミズーリに居た6月まで乗ってた車(同じ保険会社)



7月のはじめにLAで今の車・Mazda626を買ったからすぐに保険をそれ用に買いなおしたんだけど、まさかと思ってそのLAで作ったときのカードを見てみたらそこにも




「Hyundai Tiburon」 の文字。














もーーーーーーーまじかんべんしてーーーーーーーー









あたしゃ毎月バカ高い(私的に)保険料を払ってとっくに手放してきた車に保険かけて、今乗ってる車は無保険で運転してたのです。7月から今まで。


つーか今そのTiburonに乗ってる後輩も同じ会社で保険買ってるんだからそれぐらいの手違いすぐに分からんわけ???

同じ車に2人の人間が保険をかけることはできないと思いっきりそこで言われたし!全然できてるし!頼んでもねーのに!



LAもベガスも全米でも有数の交通事故の多さを誇る街。実際にベガスきてひやっとしたことはすでに何度もあったし・・・・24時間ノンストップの街。飲酒運転なんて日常茶飯事なことに疑いの余地はない。


つーか無保険で運転したら違法だっつーの



もーStatefarmマジ潰れてください



みんなもStatefarmは今後避けてください・・・・・



うざーーーーーーーああああああ




賭けてもいい。明日こっちのエージェントに電話して「なんとかしてくれ」って怒って講義しても

「いや、あっちのエージェントのミスだから。うち関係ないから。」

って言うに決まってる!!!

同じ会社だろおおおおお



もーーーーほんとお家芸。なんでそんなミスが堂々と出来て誰も悪びれないんだああああ


明日車乗らないわけにはいかないってーーーの 

それでもし事故ったらあたしは無保険だよ!!


最悪。最も悪いと書いて最悪。ムリック!


22 : 25 : 44 | ラスベガス生活 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
うらやま
2009 / 08 / 23 ( Sun )

今家をシェアしてる4人のうち2人はカップルです。

ぶっちゃけ特にラブラブというわけではなく、ケンカや言い合いが絶えない様子。

でも最近やけに、それが羨ましいと思えたり・・・。


自分が独りで寂しいとき、カップルを見て「いいなぁ」って思うのは、ラブラブな場面よりも意外とそういう日常のふとしたシーン。

しょうもないことで言い合ったり、些細なきっかけでそもそも意図のないケンカをしてみたり

かえってそういう場面のほうがふだんは日常に溶け込んでいるから、こんなふうにふとした時に切り取って目にするとしみたりする

「夕暮れ時に仕事の帰り道で漂ってきたどこかの家庭のカレーのにおい」 的な。笑

(そんな設定、実際あったことないけど)

テレビで豪勢なご馳走を見たってそんな気持ちにはならないのに、油断してるときにふと包まれるとどうしようもなく 「あー・・・」 ってなる感じ


そんなものを無意識に結びつけて回ってるのは私の心の何なのかな。


23 : 36 : 18 | whats in myself | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お家芸
2009 / 08 / 23 ( Sun )

一週間ぶりの休みですー

明日からは院の授業がはじまります。

(そういや学生だった、と何度言っただろう)


午前中は院の授業、午後は高校の仕事という毎日がしばらく続きます。

大学院生一年目だった去年、ミズーリでは院の授業は全て夜間かオンラインだったため、

昼間から授業を受けるのは久しぶりです。嫌です。

朝から人の話黙って聞いてられません・・・・



もう学生はほんとお腹イッパイです。

形式上大学に雇われているため、授業料の類は一切発生しないのでそれがせめてもの救いです。

というかタダじゃなきゃマスターなんか取らんけど。。

UNLVのGAは少し変わっていて、私たちGAはUNLVから給料を貰うのだけど、実際はとある大きなPTクリニックの職員という扱いで、且つそのPTクリニックが高校に私達を派遣しているということになります


だから実際に働く場所(高校)、働く会社(PTクリニック)、雇用主(大学)がばらばらなんです。


I work for Select Physical Thrapy

I work at Clark High School

but I am a UNLV employee


なので毎回説明がめんど~です。



院ではミズーリの大学からベガスの大学への単位の移行がどの程度できるかわからなかったため、ミズーリを辞めたときにもう二年間やり直す覚悟はしていたのですが、ベガスの仕事が決まった際にディレクターが

「恐らく全部移行できるだろう。一年で卒業できるよ」


と言われて狂喜。


こんなに条件のいい仕事(Stipend/給料はGAとして最高クラス、学費全額免除、そして保険付きの土日休み)なうえ、ベガスという土地。更に一年で卒業可能ときて舌なめずりしていたのもつかの間、

先週あたり他の教授から連絡がきて 「移行できるのはマックスで9単位までだ」 と・・・・


今まだ確認中ですが、二カ年計画も濃厚になってきました・・・。

こんなことこっちではしょっちゅうあるからね、いちいち怒るつもりもないけどね・・・

皆言ってることが違うけど誰も悪びれないのはこの国の文化か・・・

信じるほうが悪いってね。



もう月末に最初の給料が入るまで瀕死状態です

でもこんな国だから、すんなり給料が入るかものすごく不安

「さんざん揉めた結果、やっと出た」

が去年の状態だったらしいから。ああ全然驚かないけど勘弁して・・・・


もう留学生という立場上大学の中のあちらこちらをたらい回しにされ、これを出せあれを書け、やれこれが足りないあれが無い、うちは関係ないからあっちに行け、その不手際はこっちの責任じゃなくあっちの責任だ、・・・・・


もはやお家芸。


たとえその「違う管轄の人」 が自分の隣のデスクに居ようが

「それは私の管轄外。関係ない。隣の人にコンタクトを取ってアポを取れ」


いや、あの・・・同じ事務所ですよね。ひとことふたこと言葉を交わしてくれれば済むんですけど?


「管轄が違う。出直せ。」


それで、そのお隣の「違う管轄」の人に一から連絡をとって、一から事情を説明し、懸命にその事項が「あなたの管轄です」ということをやっと理解させ、そこからやっと動き出すか動き出さないか。

動き出したら出したで「書類を全部ファックスしろ」

いや、あの・・・・その事務所に全て送ってあるんですけど・・・歩いてそれを取りに行ってはくれないのですか?


「管轄が違う。全て送りなおしてくれ」





こんな文化とはいい加減手を切りたいと心底思っています。











13 : 38 : 29 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
長い日
2009 / 08 / 22 ( Sat )

今日は練習試合×2

試合時間は朝9時と夜7時となっております・・・・・・。



朝はFreshman(一年生)、夜はその他(上級生)チーム

朝の試合を終えて数時間の休み時間を使って帰宅したところです。寝ます。

久しぶりの6時起きで試合中眠くて眠くて・・・・


でも三校来てるのにトレーナーあたしだけやし・・・

居眠りできんし・・・

思いっきり手の骨折出たし・・・・

横にグニャってなってたよ




夜の試合にそなえて昼寝します。





13 : 34 : 17 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クツ
2009 / 08 / 19 ( Wed )


今日ご飯を作りながらふと、日本を離れて何年経ったか考えてみたら最近まる6年が過ぎたところでした。

てっきりもう7年ぐらい過ぎた気になってました。

まだ6年か、意外と短いな・・・と。


色んなとこで(たいがい悪い意味で)アメリカナイズされた部分も多くあるとは思いますが、何年経とうが譲れないこともいくつかあり、その一つがマヨネーズ。

アメリカのマヨネーズ嫌い。マヨネーズ=キューピー。これ鉄則。

あと、Dr.Pepper(チェリー味の炭酸飲料)は、飲み物ではない。

この二点は、たとえ何十年アメリカに住もうがきっと変わりません。

あと、コンビニで売ってる食べ物(特にサンドイッチとか)は、どんだけお腹がすいてても手を出しません。

アメリカのセブンイレブンでサンドイッチを食べるぐらいなら、究極の空腹状態でも我慢します。



タイトルは、いかに自分がクツ(スニーカー)を履くのが嫌いかを書こうと最初は思っていたためそうなってます。

スニーカー嫌いです。


足が太いのが昔っからコンプレックスなのですが、余計に太く見えるからというのが大きな理由。

あと、長い西海岸暮らしにおいて、99パーセントがスリッパで過ごしてきたためもう靴というものを仕事や運動以外で履く気になれない。


仕事で長時間スニーカーを履いたあと、車に着いてすぐに靴と靴下を脱ぎ捨ててスリッパに履き替える瞬間ほど幸せなときはない。


いつか偉くなって上に何も言われない立場になったら堂々とスリッパで仕事がしたい・・・。


高校での仕事が始まって以来、トレーニングルームを開けてまず一番にすることは両かかとのマメの手当てというのが日課になりました。

別に靴が合ってないのではなく、靴というものを履き慣れていないためそういうことが起こります。

あ~靴きらい。

毎日ヒール履いて仕事するなんて、想像もつかん。

もし「明日から毎日ヒールで出勤」 って言われたら退職するよね。

だからトレーナーになったのかも・・・








01 : 01 : 16 | ラスベガス生活 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
4度目の正直。ビール飲みたい。
2009 / 08 / 17 ( Mon )

今週唯一の休みが終わりました・・・・・。

新しいルームメイトが今日入り、その引越しを朝から手伝いました。

UNLVの院の卒業生で、私と同じように高校でGAをしていたATCとしても先輩にあたる人です。

なのでこれから、分からないことがあったらいつでも聞けるからそれは嬉しいかなと。

ATCを二人擁するこの家は、今後何があっても住人の安全は保証されるでしょう。

家の中でそんな怪我とかするやつがいればの話だけど。

とりあえず両かかとの巨大マメがすんげ~痛い。

明日は練習中少し座ってようかな・・・・。


といっても 「よし、座って見とくか」 と腰をいったん下ろしても、すぐに空の水ボトルが気になったり選手の擦り傷が遠目に見えて気になったりと、結局10分と座ってられないのですが・・・・。



は~、唯一の休みで色々片付けようと思ってたのに・・・・。

結局だらだらと過ごしてしまった。

どうせだらだら過ごすならビールの一本でも買ってきときゃよかった・・・

ここ数ヶ月完全にノンアルコールです。(時間はあったがお金がない)

明日のこと心配せずに飲みてー!!

飲みた過ぎて思わずタイトルにも書いてしまった。



プレシーズンもあと一週間・・・・


それが終われば院の授業も始まります。


って考えると憂鬱になってきた・・・・アタシ学生だった、そういえば・・・・・。


これから11月ぐらいまでは毎日命をつなぐのに精一杯です。

フットボール、まじ早く終わってくれ。(まだシーズン入りもしてない)


なんだかんだで実習生だった頃を含めてもアメフトで働くのはこれが4シーズン目となりました。

(Santa Monica College, West LA College, Southeast Missouri State, and Clark High School)


って、え~4シーズンもやってるんかい・・・・ 自分でびっくり。


去年ミズーリでやらされてたプレシーズン(実に一ヶ月間)に比べたら、それでもだ~いぶマシだけど・・・

朝4時半起きの、ひどいときは夜11時帰りだったし・・・(しかも前半チャリ通い)

(ATCなのに無償だったし・・・・あり得ん)

(辞めて本当に正解)


自慢じゃないけど未だに細かいルールはおろか、ポジションの名前すらかなりあいまいです。

今更誰にも聞けず、まさに「聞かぬは一生の恥」 状態です。


これが最後のアメフトシーズンになることを願うばかり・・・・

いや、あと1シーズンぐらいやることになるかもな・・・・なんだかんだで・・・・


(やっぱポジションの名前覚えたほうがいいんじゃ・・・)
















01 : 12 : 41 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
同居人達
2009 / 08 / 16 ( Sun )

テレビで体操の全米選手権の後半をキャッチできました。

ナスティア・リューキンは予選以降怪我をしたようで決勝は棄権。残念・・・。

前評判では体重が増えただのキレがないだの言われてたようですが、ちらっと映った予選の演技を見る限り、充分だろと。

最高の栄誉を手にして、保証された将来も富も栄光も高校生にして全て手に入れて、それでも競技に対する情熱を持ち続け、トレーニングを続けてここまで保っているだけでもう私は彼女を体操界のタイガーウッズと呼ぶよ笑

相変わらずきれーーし。ビジュアルでは決勝でも誰も追随できないことだけは間違いない。。



話はかわって


今、一軒家を私も含め四人でシェアしてるはずなんですが、もう一週間くらい誰も見てません・・・・笑

恐らく、私以外のルームメイトたちはそれぞれ他に寝泊りする場所があるからなのか、ほんと~に見ない。居ない。

まあ快適なことに間違いはないけれど・・・


あれ?あたし1人暮らしだっけ?と思うときもしばしば。。



1人はフィリピーノの男の子なんだけど、彼にいたってはここに引っ越してきて会ったのは合計三回だけ笑

うち一回は近所のガソスタですれ違ったときやったかな。

そんなこんなのドライなハウスメイトたちでした。


00 : 07 : 17 | 体操 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ドラゴン
2009 / 08 / 15 ( Sat )

二日目もなんとか終了です。

昨日手の怪我を見てあげた女子バレーの子が、「明日は朝8時から練習」 と言ってたので、さすがに朝8時にゃ行かないけど早めに行ったるか~、と思って着いてみればバレーの練習どころか電気すらついてない体育館。

まぁ、そんなことで驚きゃぁせんけどさぁ・・・。



昨日、練習の最後に選手全員が集合したときにコーチが私に「話す?」と聞いてきたのでじゃあ、と思い


(以下意訳。心意気はこのくらい。)


「お前らしっかり水飲みやがれ!練習が始まる時間までに、最低でも32オンス(1ℓ弱)は飲んで来い。ぶっ倒れたら必ず水を何オンス飲んだか聞く。それで飲んでないと答えたら私はそいつを放置する!自分で歩いてERに行け。」


てな具合に説教。ついでに32オンスがどれくらいか分からせるために、たまたまそのとき私が持っていた「Smart water」っていう水のボトルを見せた。

そしたら今日、練習前にサイドラインであくせくと水を飲む少年。

ボトルを見ると、Smart water。

きっとわざわざ買ってきたんだね・・・・子供って素直で可愛いときは可愛い。そうじゃないのはとことんムカつくけど。


「ハチに刺された」 と絶叫して物凄いスピードで私のところへ走ってくるラインバッカー(練習でもそれぐらい速く走ればいいのに)。


「痛い、痛い、ハチに刺された。やばい。オレ、ハチのアレルギーだと思う」


って言うから、一瞬青ざめる。

ほんとにアレルギーだったらこのままショック状態に陥ってしまうし、まさか高校でエピペン(エピネフリン)なんかあるわけがないし


おいおい・・・・二日目で救急車かよ・・・・


と焦りながらも選手を落ち着かせ、とにかく本当にアレルギーなのかを確かめる


「本当にアレルギーなの?今までなったことあるの?」

「いや、そんな気がする・・・ママが昔そう言ってたような・・・・」


ほんとかよ、それ。


実際、指がイタイイタイとわめく以外ショックの症状らしきものは何ひとつ現れてない。

「・・・ちょっと、お母さんに電話して確認しなさい。それでもし本当にそうだったら、今すぐお母さんに来てもらうよう伝えて」


私の携帯を渡し、電話させたところ、母親はアレルギー持ちだけど息子は分からないと。

もうこの時点でたいがいコイツは平気。

刺されて15分経っても平気。

ていうかもともと平気。



冷や汗かいて損したわ!

数分後にはすっかりはしゃぎながら練習に戻って行かれました。

チームメイトに何があったのか聞かれるたびに

「I got stung by a dragon!!!」 (ドラゴンに刺された)



一回刺されろ。

と思いました。







00 : 39 : 53 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初日突破
2009 / 08 / 14 ( Fri )



とりあえずフットボールの単独カバー、初日はなんとか乗り切りました。


熱中症もどき数名、脳震盪もどき一名(問い詰めたところ、「ヘルメットがきつすぎて頭痛がした」と・・・)、指の捻挫、打撲などとりあえず大事に至るようなことは何も無くほっと胸を撫で下ろしてます。

一人ECSじゃないかなぁと思う選手が居てそれが少し気になるところですが。


にしても熱い。半端ない。考えてみようよ、砂漠だよ、みんな・・・分かってるのかい?

何故練習が二時から??道路で真剣に目玉焼きが焼けるこの時間、人工芝と半端ない日差しのダブル攻撃で、ボトルの水もあっという間にお湯。

そりゃ~飲みたくもなくなるわ。



前任のATCは飲料水の管理は一切しなかった(多分、高校ではどこでもそうだと思うけど)らしいので私もやる必要は無いんだけど、いつ誰が脱水症状を起こしてもおかしくない状況でスタンドの日陰に座ってるなんてことは私にはどうしてもできない・・・

(前任も含めそういう人も多いんだけど)

ウォーターボーイもいないなか、主に水をやるのは選手達自身。
それで間に合う訳がないし、私があくせく水汲みしたところで百人近くもいる選手達に追いつくはずもないんだけど、それでも出来る限りやるべきだと私は思う。

「私達はメディカルスタッフであってウォーターボーイではない」 

ATCのプライドなんだか権威なんだかは知らないけど、どうせ日陰に座って何もしないんだったら足使ってフィールドを動いて、ボトルの一本でも選手に渡してまわってそれぞれの顔や様子をチェックするのが私達の仕事なのでは。

実際にカレッジレベルでは学生もヘッドも皆そうするのが当たり前。

「水を飲まないと脱水する」 というコンセプトもまともに理解できない子も多い高校だったら、尚更その必要は増すはず。

それに、ウォーターボーイと同等に見られたくないという自分のプライドを保つことを優先したがために脳震盪や熱中症の発見が遅れて手遅れになったりしたら元も子もないよね。

選手が倒れて、呼ばれて初めて気付くようなATCにはたとえ何年経っても成り下がりたくないものです


水汲みと、明らかにまともに運動したことのない肥満児(それでもラインマンという立派な称号がもらえるフットボール)に氷タオルをかけて回ること実に4時間。

気がついたら両足のかかとに見たこともないようなでっかいマメがべろんと剥がれて出血してた・・・・。


そんなことをしてるだけで選手達が目を丸くして 「こんないいトレーナー初めてだ」 と笑



ハードル低っ!



00 : 15 : 12 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
始まりました・・・・・。
2009 / 08 / 13 ( Thu )


今週は、朝から夕方までみっちりOperational Training(研修)を受けてました。

ほんと、みっちり、むっちり・・・・。

Documentationからフットボールのヘルメット装着、フェイスマスク取り外し、脳震盪の対処、熱中症の対処、もう何から何まで。

途中からインフォメーションのオーバーロードで右から左へ抜けていっていたのは言うまでもありません


とりあえず、今日初めて自分が勤務する高校に出向いて、ADやらAdministratorやら色んな人に会い、トレーニングルームのセットアップ。

(※アスレチックトレーニングルーム=テーピング、治療、怪我の処置その他もろもろを行う私のオフィス)


いざ、「ここがあなたのトレーニングルームです」 と渡されるとなんだか一人前になったような勘違いも手伝って、感慨深いものがありました。

アメリカ来て実に7年目にして自分のトレーニングルームを持つことができる日が来ようとは・・・。


下っぱの下っぱから始めてここまで、高校だからとはいえここではなにもかも自分一人。

教えを請う師もいなければ、こき使われることもない。

練習・試合中に起こる全てのことに対して私に一切の責任が課されます。

少なくとも300人から400人という規模。

何が起こってもおかしくないし、全てのことに対処できるような知識も経験も・・・もちろんない!笑


もう度胸のみでの勝負となります。女は度胸。男は愛嬌。


とりあえず明日の初めてのフットボールの練習(何故2時からなんだ。砂漠で2時からってどういうことだ。死者を出したいとしか思えない)で、誰もぶっ倒れないことを神に祈るだけで今夜は終わりそうです。まじで。


その前に自分が倒れないか、本気で心配してる時点でもう間違ってるよね。

なんとか食べられるようにはなったけどまだ万全とは言い難い体ですが・・・・



あー、こわっ!






02 : 24 : 46 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
呪文のひとつ
2009 / 08 / 09 ( Sun )




こんなとこで止まってられない

感謝する人が沢山居すぎる



ここに居られることに感謝

もう一度チャンスをくれた人たちに感謝


「自分のベストを尽くす」 ことはそんなに難しいことではないはず

その日その時その瞬間

出来ることを精一杯


ベストを尽くす ことが沢山の疑問への答えとなっていくだろう

沢山の人への返事となっていくだろう

沢山の人への「ありがとう」となって返っていくだろう


難しいことではないはず

求められているのは 果たすべき使命は 難しいことではないはず

一つのことが全てへ答えていくだろう

沢山のことをいっぺんにやろうとしているのではない

必要なのはひとつだけ



頑張らないという選択肢はない





精一杯やることがある私は幸せ

答えたくてたまらない期待がある私は幸せ

目指すゴールのある私は こんなにも幸せ


こんなにも恵まれて幸せな私は

自分で自分の幸せを用意できるはず

誰かに用意してもらわなくていい





16 : 46 : 34 | whats in myself | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
減量
2009 / 08 / 06 ( Thu )



この半年ぐらい、周囲によく「増えた体重が戻らない」 とこぼしていました。

21歳あたりからほとんど変動の無かった体重が、その頃飲んでいた薬のせいもあって一気に3キロ増えたのはこの冬のこと。

それから薬をやめても、運動量を増やしてもなかなか落ちない3キロを、じつに先週まで維持していました。

「もっと若い頃はこれぐらいちょっと運動すればすぐに落ちたのに・・・歳だな」

と、20台後半に差し掛かった人らしい発言をしていました。


ところがこの一週間であっという間に4キロ減。

人間、食べなければ痩せるとゆーことですな。



考えた。


「食べる」 という行為は、単に食べ物を欲する体とそれを消化、吸収する体だけが揃っていても成り立たないということ。

その行為そのものを楽しむ精神がそこに備わっていなければ、成立しないんだなと。


きっと食べることだけでなく、寝る、人と話す、そして恐らくsexにいたっても同じことが言えると思う。



同じ地球上には食べるものが無くて死んでいく人々がたくさんいる。

ふざけんな、と言われて当然だな。


03 : 17 : 34 | whats in myself | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
iとつめ
2009 / 08 / 04 ( Tue )

タイトルは「胃」としようとしたら、こう出たから敢えてそのままにしてみた。

今日はUNLVのGAの先輩にあたる人とコリアンにランチ行って来ました。

先週引っ越してきてからというもの、まともに食べておらず(一日でバナナ一本とか、さくらんぼとか。)で、昨日は24時間で口にしたのがコーヒー1杯だけというところまできてしまって、さすがにヤバイと思い、さっぱりしたものを・・・・と思いついたのが大好物の冷麺。



なのに、三口ぐらいしか食べれんかった・・・・・・


全く料理に手がついていないせいで店員にも、「何か問題がありましたか?」 と聞かれる始末。

「いや、美味しいです」 

と答えたものの、無理があるその返答。当たり前だよね・・・・



お腹はむちゃくちゃすいてるのに、食べられん。

なんだこれ。

なんたる屈辱。





それで、夜は夜でルームメイトと3人でPHO(ベトナム料理)へ。

これまた大好物。ベトナムのPHOも生春巻きもBunとかいうのも大好物。

でも昼間冷麺に全く応戦できなかった恐怖から、生春巻きのみをオーダー。




一口で気持ち悪い・・・・・。






それでも、ルームメイトに励まされ(?)ながら、二本なんとか完食。




何度も言うようやけど、お腹はむちゃくちゃすいてる。このときも。


何度も言うようやけど、冷麺とPHOと冷やし中華は私の三大大好物。



いつもの私ならぺろりとたいらげて幸せなのに・・・・・・





夜は、ルームメイトの一人が足の指の爪が剥がれて大量出血したと私の部屋に駆け込んできたので応急処置。

引越し後の残り香で何故かそのへんのゆかに転がってるテーピング、消毒液、ガーゼ、手袋・・・・・

まるで「今日この時間にあなたの爪がはがれるのを予期してここに引っ越してきました」ぐらいの対応に、ルームメイト一同も思わず感動してくれました笑


たまにゃー役に立つな、とれーなーってやつも。









03 : 15 : 19 | ラスベガス生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ability to trust and believe
2009 / 08 / 01 ( Sat )



人を信じる力が、今の私にどれくらいあるだろう

5年前の私には、どれくらいあっただろう

5年後の私には、どれくらいあるだろう

自分を信じる力なしに、人を信じることはできないだろう




誰かを信じていた自分を信じたい

誰かを信じていた自分が信じられない



にんべんに 「言」 が寄り添って、 「信じる」 と書く


人と言葉

人と、言葉。



言葉が人をあらわす。

人が言葉を生む。




人の言葉を信じられなかったら、その人を信じられないだろう

その人を信じていたら、その人の言葉も信じられるだろう



今私にこの闘いが 空から降りてきたのはどうしてか

いつかこの闘いを終えた暁に、空は私に何を運ぶのか



逃げていては、遠回りになるだけ

逃げないことが、一番の近道



昨日の私を信じてあげたい

明日の私を信じてあげたい


昨日の私が信じたものを、明日の私に返してあげたい


信じられなかった今日があってこそ。











06 : 39 : 56 | whats in myself | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。