スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
つながり
2011 / 06 / 29 ( Wed )


先週ベガスを離れ、ニューヨークへ一人旅をしたのち一昨日からLAに帰ってきています。

ニューヨーク旅行は思っていたよりも面白く、気ままに見たいものを見たり食べたいものを食べたり買い物したりして、何気にとっても充実した時間を過ごせました。

この8年間ずっと貧乏だったから、最後に貯めたお金で自分のためだけに使う時間っていうのがとても新鮮で今までになかった喜びみたいなものを感じてました。言わば自分とのクオリティータイム。

大した労ではないけど、労いの意味を込めてね。

マンハッタンのど真ん中、タイムズスクエアの目と鼻の先にあるボロアパート(ホステル)に滞在して宿泊費は抑えつつ。まぁ、さすがの私もこのボロい建物に女一人で泊まるのはなかなか勇気がいったけど。
一日目はかなりビビってました。

9-11の跡地、ワールドトレードセンターにも足を運び、記念館で沢山のものを見て沢山のことを感じました。
展示物に見入っていた人たちが、誰一人と口をきかず、ただただ静かに見入りそして男性も女性も声をこぼすことなく涙を流していました。

「世界の警察」と仮にも称する国家の成せる業を、本当の意味での平和を、純粋に願う気持ちはこの国に消えずあると思った。
そのパワーをどうか、正しい方向に有効に使って欲しい。その力があるとアメリカを信じてみたいと思った。

NYっていう歴史と文化と行き交う人々のパワーに溢れた街に初めて触れて、アメリカを単なる世界の移民の受け皿ではないひとつの「国」という存在として捉えることができた。

そんな当然のようなことが、今まで主に西海岸で暮らしてきた私は感じる機会がなかったような気がします
アメリカ生活最後に、それにやっと気付けて良かった。今までよりも、アメリカという国により愛着と、敬愛の念が生まれました。

また後日写真もアップしようと思います。必ずまた行って刺激を受けたいな。


相変わらずめちゃくちゃ過ごしやすい最高の気候のLA。

一度ここに住んだら、世界中どこに行っても文句を言うというのは100%事実。

ベガスで愛車も手放し、移動手段がないので留学当初のようにバスに揺られて移動なんかしてると思うことも多い。

今日は元彼さんの実家であるお店と、長く働いていたお店とに両方顔を出し、懐かしい顔に沢山会うことができました。

もっと若かった頃にお世話になった方々、おじいちゃんおばあちゃん、一緒に働いてたメキシコ人たち。

皆に直接会って日本に帰りますと挨拶できてよかった。


覚えてて下さって、笑顔で迎えて下さって、また遊びに来なさいねと言って頂ける

それだけで十分過ぎるはずなのに、何故か今日の帰りの夜道は悲しい。

そこに確かに昔の私は昔の仲間達と一緒に居た。今すぐにでも戻れてしまいそうなくらい、すっと馴染める場所ばかり。

だけどそれと同じくらい自然に、自分の存在なんて、そこで作ったと思っていた人とのつながりなんて、すっと無くなってしまう。

27年生きてきて常に誰かと関わる毎日を繰り返してきているはずなのに、自分の手元に残っている「誰か」とのつながりってなんて少ないんだろうって思って悲しく心細く思える。


努力しなければ人とつながっていることなんてできない。簡単ではないし当たり前ではない。

時間が経つってそういうことかな。

あの時、昨日、今日、強く繋がっていると思っていても時間が経てば悲しいくらい自然に「過去の人」

会えば話もする、思い出話もする。だけどその、今となっては過去となった時間の話を30分した後は何も残らないなんて


今私がつながっていると信じている人たちとも、いずれはそうなってしまうのかな。

人と人とのつながりなんて所詮そんなものだって、貴方は言いますか?


悲観的なことを言っているようだけど、今日は懐かしい人たちに会えて心から嬉しかったし今も幸せに思う。

そんな幸せな気持ちを持ったからこそ、そのもろさのようなものがついつい見えてしまうだけ


誰かとつながっていくためにはお互いの努力が必要

消えてしまったら「そんなもんだ」 なんて結論づけてしまうような寂しい人間ではいたくないけど、そうしてしまうことの簡単さ。


ずっとつながっていたい、友達でいたい人たちに対して努力していかないといけない

気が合うから、絆があるから放っておいてもずっと友達だよね なんてことは実際なかなかないもの。

覚えておきたいです。私はあなたとちゃんとつながっていたい。











スポンサーサイト
23 : 32 : 34 | LA生活 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Alone
2011 / 06 / 11 ( Sat )




切ない、悲しい、とにかく女にしか分からない・・・って独りよがりな感情をこんなにそのまま歌えるのはこの人。

砂漠でカピカピに乾燥した私の心でも目を瞑ってこの曲を大音量でかければたちまち大洪水です。


おやすみ



07 : 47 : 48 | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タウンスクエアで
2011 / 06 / 06 ( Mon )
6027_logo.jpg



先日SEPHORAっていう化粧品メーカーかき集めのお店(何て言うの?総合化粧品店みたいな?)でStillaのアイライナーを$20でお買い上げ。

ペンシルアイライナーなんだけどえんぴつタイプじゃなくてくるっと回して出すタイプ。家に帰っていざ使ってみると、くるくる回しても芯が出てこない。はい、不良品ー。

それで昨日また行って新しいのと交換し、今回は学習して店の外ですぐにあけて確認したら、またも同じ。芯が出ない。

店内に戻って店員に「これもおかしいんだけど」と伝え、店員が確認したところこの商品自体が欠陥商品であることが判明。どれをとっても芯が出ない。

「あらおかしいわね~」と言いつつも、それに対してマネージャーに伝えるわけでもなく、商品を棚から下ろすわけでもなく、私に返金したのみ。

その後少し店内にいて他の商品を見たりしていたけど、明らかにこの事を知ってた店員二人とも何もそれ以上のアクションはなし。

「ていうか、あれ棚から下ろさなくていいの?あのまま売るわけ?」 と突っ込んでみたら

「いや、だって私達知らなかったもの」


・・・。なんでもいーけどさ。。海外組、SEPHORAはこんな会社みたいですよ。




15 : 22 : 31 | ラスベガス生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。