スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
黙って、そこにいて。
2010 / 02 / 12 ( Fri )
たとえ相手のことをどんなに想っていても、相手とどんなに深い絆を持っていると信じていても、自分が相手にしてあげられることなんて知れてる、と思う。

相手が悲しみに暮れてどうしようもないときに、いくら心からの言葉を投げかけても、集められるだけの優しさ全てで抱きしめても、その悲しみを喜びに変えることなんて所詮できない、と思う。

あなたはあなたであってわたしにはなれないように、わたしはどうしようもなくわたしであって、あなたにはなれないから。

あなたの痛みを分かりたいとどれだけ願っても、それはわたしのエゴできれいごとで。

自分の体の外にある者の痛みを感じるなど、所詮誰に成せる業でもない。



何年か前、書いた記憶がある。


「君の痛みが分からないのに、分かるとは言わないよ。だからそばにいる。」


そう書いたときに私は誰に対して優しくなりたいと思っていたのか今では忘れてしまった

でも、そういうことなんじゃないかって思う。


そばにいて欲しいと思う誰かがいることは当たり前じゃない

悲しいとき、苦しいとき、もう自分を離れたいと思うとき、

ともすれば負担にしかならない自分以外のもう一人の人間を、そばに置いておきたいと思うことは。

自分ですら愛せない時に、人を愛せる力を手放さずにいられることは。

言葉すら入ってこない、出ていかないときに それでも聞いていたい声の主がいることは。


どれもこれも当たり前じゃない。そのひとつひとつが、とんでもなく大量の愛に基づいてる。


だから、大切な誰かの泣き顔を笑顔に変えることができないと嘆く必要なんてどこにもない。

その人があなたの姿を隣に望んでいるというだけで、それは充分に奇跡









スポンサーサイト
03 : 34 : 42 | whats in myself | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<Boredom | ホーム | Ultimate Wedding Contest>>
コメント
----

そばにいるだけで、隣にいるだけでこんなにも自分の心が満たされてる。
不安な事だって、嫌な事があったって、その人を思い出すだけで優しくなれる。

そんな人とめぐりあえた事は奇跡。
ほんとうに奇跡。
by: ayakyon * 2010/02/12 05:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

相変わらず魅力的な文章を書く。

あなたのその感性が一人だけでなく、多くの人に与えそれが社会に浸透していくことを願う。
by: tamugon * 2010/02/13 05:19 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

>はっさく

だから、何があったのさ?!?!


by: acco * 2010/02/14 00:30 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--



>S

一人ってだれ?
by: acco * 2010/02/14 00:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

俺、側にいたいって言ったけど、
今は、まだ側にいないでってつきはなされた~

これは、どういう見解ですか?
by: taku * 2010/02/14 19:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

泣きそうになった。
by: miho * 2010/02/15 19:51 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

>たくみくん(だよね?)

それは、状況も二人がどんな関係なのかも分からないからなんともいえないけど・・・・
「今は」ってことは、彼女は今独りでいたい時期なのかな。それか、何か頑張っていることが他にあって、たくみ君との関係が今の自分にとってプラスではないと判断しての苦渋の決断なのか、そういうことなのかな?それとも逆で、今の自分ではたくみ君のためにならないと考えてのこと?
でも一つだけ言えるのは、私だったら、どんな時期でも、相手にどんなに傷つけられても、相手のことをそれでも好きだったら一緒に居て欲しいかな。突き放す勇気がないだけなのかもしれないけど、突き放して後から後悔するよりは、傷つけ合う結果になってでもそばにいて欲しいって頼むと思う。もしほんとに好きならね。

by: acco * 2010/02/20 14:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akatsuki518.blog43.fc2.com/tb.php/444-b8329687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。