スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
しあわせ・・
2006 / 08 / 25 ( Fri )
やっとやっと長かった夏の授業が終わりました。

私にもやっとやっと短い夏休みが来たよ!!十日ほどですが・・・

ほんとだったら今日、日本に飛ぶ予定だったんだよなあ・・・・

悲しくなるのでもう日本への未練がましい逃避行妄想はやめようと思います。

思います・・・。

こうやって落ち着いてブログ更新できるのもいつぶりだろうか。

夏の前半はまだ授業とバイトだけだったから結構余裕で過ごしてたっちゃけど、実習始まってからこの二週間ぐらいまじ忙しかった~・・・


夏休みとはいえ実習先には毎日のように行かないといけないんですが。。

まー実習だけに集中できる期間てのもこれからなかなかないので、一日一日もりもり吸収してこー。

実習では毎日いかついアメフト選手大勢を相手に奮闘中。

アメフトチームと働くのはこれが初めてではないけど、ちゃんとしたStudent trainerとしては初めて。

前SMCで働いてたときはただの水運びだったんで。子供でもできるよーな。

色んな意味でこのWest LA Collegeが私の、アスレティックトレーナーとしての出発点。

素晴らしい師匠にも出会えてほんとラッキー者だ。


この夏を通して学んだ知識と技術が、そっくりそのままフィールドで要求される。

つい数日前に受けた実技の怪我のテストと全く同じ怪我がフィールドやトレーニングルームで見れるって、当たり前っちゃー当たり前なんだけど地味に感動する。

まるで私のために理想的な教材になってくれる選手たちに「この怪我してくれてありがとう」って感じ。かわいそうに。

にしてもアメフトってなんであんな無謀なスポーツなんだろう・・・怪我したいがためにプレーしてるとしか思えん。

あたしが働いた短い日数ですでに足首捻挫、MCL sprain, contusions, Heat Exhaustion, concussions, 骨折、Hamstring Strains, and so on...

(日本語が分からない・・・)


どれも基本中の基本みたいな怪我ばっかだから、それぞれの評価方法も治療もリハビリも全て見れてなんかお得感。
  

このブログを目にする人の中には立派なATさんもいるかもしれないし、学生でも私にとっては雲の上の存在のようなこの道の先輩たちの目に少しでもとまるかもしれないと思うと、アスレティックトレーニングネタを書くのは実はすんごい恥ずかしい。


足首ひねったんだ、へえ~」って面白がるレベル。

まめができて痛いからちょっとどうにかして」って言われて

「え、どうやって?」ってレベル。

怪我した選手がアイシング終わった五秒後にあつあつのホットパックかぶせて「おいおいおい」ってヘッドに止められるレベル。


でもこのど素人っぷりを隠したところで何にもならないので、開き直ってたまには書こうかなと思います。学んでること。

いつか読み返したらけらけら笑えるようにね。



タイトルに「しあわせ・・」って書いたのは、今これ以上ないくらい精神的に解放的になれてるから。

今日も実習を7時まで頑張ったあと、帰りにIn&Outをドライブスルーして(笑、お腹いっぱいになって、現在近所のカフェでだんなさんが仕事終わるまでネットサーヒン中♪♪

ファイナルも終わったし明日は実習も休みだし♪(バイトあるけど・・


話は全く違うけど、アメリカといえばデブですね。むしろアメリカ=デブです。

私が3年間のアメリカ留学で知ったことは「アメリカ人はデブ」ってことぐらいです。

(「バカ」と言わなかっただけでも私は出来た人間です)


太り狂っていてもそれを自覚する器があればまだ救いはあるほうで、アメリカ人がバカなのは(結局バカって言ってる)、それを認めようとしないこと。

こないだ授業で背骨の見分け方(ひとつひとつの背骨を触って見つける練習)をしたとき、嫌な予感はしてたんですが、私のパートナーになったクラスメイトがデブ子ちゃんでした。

ええ、もちろん分かるわけありません。


特に下半身に近づくにつれて背骨もクソもあったもんじゃなくなります。

背骨を見つけようと必死でさぐっても肉に埋もれてゆくばかり。

骨盤ってあるじゃん、足の付け根にボコって骨盤の骨(ASIS)が出てるでしょ。

あれがないの。どこにもないの。掘っても掘ってもないの。

PSISなんてもちろん見つかる気配もない。

練習する間先生は教室をぐるぐる回って生徒を指導してて、先生が私に

「How you doing?」と聞いたとき私は

「先生、自分の指がどこにあるかわからなくなりました」

と聞きそうになりました。聞かなかっただけでも私は出来た人間です。


豊かな肉をぶるんぶるんつつくだけで一向に練習になっていないあたし。

もちろんビミョーーーな空気が流れます。

「えっと、これがS1(背骨の名前)で・・・・えっと・・・」と私がしどろもどろしているのを聞いて彼女はみかねて一言。

「私のは見つけにくいかも・・・」ああ、この子は自分の問題をわかってはいるのね、と思いきや彼女の次の一言。




「昔背骨を痛めて、少し曲がってるから・・・」





いや、じゃかいちげーやろ?





おっと思わず宮崎弁。





噴き上げるツッコミを押し殺して、聞き流す。次に彼女が口にしたのは




「小さい頃から乗馬をやってて、たくさん怪我をしたのよね」





「ああ馬が?」





と言わなかっただけでも私はなんて出来た人間でしょう。

さほど立派な馬をお持ちだったんでしょう。



そのあとこの彼女とパートナーになったジェニファーは、必死で背骨を探しながら

「私背骨見つけるの下手だから・・・」


と苦し紛れに言ってました。

さすがの雨人でも空気は読めるってやつです。



私の実習先には私ともう1人、同じ学校の上級生が実習生として来てます。

そしてこの彼がまた、デブ男です。

アスレティックトレーナーはみんな現場で腰にいわゆるでっかい「ポーチ」を巻いてて、いつでも怪我に対応できるように必要な道具をその中にも備えてます。

そのポーチを私が買いに行くにあたって、彼にどこで買えばいいか聞いたことからポーチの話になり、

「僕は腰に巻くタイプより背中に斜めがけするタイプのが好きだから」

ああ、そりゃその腹に巻けるはずないもんな、不憫にな。

と思ったら彼は









「腰に巻くやつは走るとずれ落ちてくるからね」






いや、じゃかいちげーやろがて。





巻けないでしょ?

万が一彼の腰でも巻けるポーチがあったとしても、食い込むでしょ?

どんだけあんたが走っても食い込むでしょ?





あーどやつもこやつも。

アメリカでは「デブ」とか、それに値する言葉を人に言うのはタブーです。

さすがにデブとは言わずとも、FatとかBigとかChabbyとかObesedとか、絶対に人に向かって言ってはいけないらしい。

でもどうしても公共の場で「太っている」を表現したいとき、最近



「Horizontally Callenged」

とか言うらしい。

これどっかで読んだとき爆笑したのは私だけ?

スポンサーサイト
12 : 59 : 39 | 学生トレーナー時代 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<怒涛 | ホーム | 私はというと>>
コメント
--お久しぶり☆--

授業お疲れ様♪

アメリカ人って、やっぱ体大きいのねw
こける時も豪快なんだろうなぁ。。。

怪我した人のお世話も大変だね(≧≦)
あたしもマネージャーやってたけど、マメの処理でも手こずった 笑

すごくいい環境に恵まれてよかったね☆
元気そうでなによりですww
by: どみか * 2006/08/25 06:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

「Horizontally Callenged」ってどういう意味??

ってか、てっげうけるっちゃけどww
デブがタブーとは知らんかった。
日本に帰ってくる予定なの??
久々会いたいので東京に滞在する事があったら
連絡ちょうだいねぇ☆
by: 岡田☆ * 2006/08/25 07:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

お疲れ様!
なんか、私かおらないたった2ヶ月のあいだに、ずいぶん成長しているようじゃないか!
なによりです。
開放感もあって、久々にあきこ節が炸裂やね。
アメリカでふつう体型の人でも日本の基準だとMild Obesityやもんね。
by: tie * 2006/08/25 10:39 * URL [ 編集] | page top↑
----

Horizontally Callenged

なんか、「限界いっぱいいっぱい。はちきれんばかり」
って感じがする。
それにしても、horiszontallyなんて、えらい壮大な表現をするのね笑

あっこさんの絶妙な辛口に爆笑でした。
アメリカ人は体格がいいんじゃなくて、でぶなのね笑
でぶだったら出世できない国って聞いたのに、何か不思議な感じだね。
by: くどう * 2006/08/25 11:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

とりあえずなんか(ブログのテンション的にw)すんごく解放的なのがこっちにも伝わってきて、ほんとお疲れ様!って声を大にして言いたいわ~!今言うね。月見が丘から。

はい、言いました!聞こえたかー?

まじあっこさんのがんばりっぷりはいつもあたしの刺激になってます!!お互いがんばろうね!

by: きしの * 2006/08/25 21:06 * URL [ 編集] | page top↑
--わーい皆コメントありがとvv--

>みかちゃん

元気に生きておることだけは確かでございやす。
環境なんて自分で求めさえすればいくらでも理想に近いものが手に入るのに、今まで受身過ぎたよ。
マメの管理だけでもプロになっときますv

>おかまんだ

おお、今回は名前入りやね♪
今年のお盆に帰国する気満々やったっちゃけど、結局ぽしゃったとよ~・・・。もう随分帰ってないわ。
次に帰るときすぐ連絡とれるように、ここにも遊びに来つづけてね!

Challengedってのは分かりやすく言えば障害のこと。脳の障害を持つ人ならMentally challenged、身体ならPhysically challengedみたいに。
で、横にデカイ人は横方向に障害が?みたいな笑

by: akko * 2006/08/26 04:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

>ちえ

まーIn terms of Academicね・・・成長はしたよ。というか成長やっと始まったよ。今までが怠けすぎやっただけやけど。Finally i've started rollingです。
暁子節、どうもストレス溜まるとなかなか発揮できないっぽい。

>くどー

コメントありがとー♪♪
そうやねー太ってると出世できないってのの真偽はよう分からんけど、思うに「太ってる」のレベルが違うよね。日本ではかなり目立つおデブがこっちじゃ普通の範囲で、アメリカで出世できないほどのデブってそれこそ歩くのもやっとみたいな人たちのことやっちゃないやろか。もはや社会的に機能してないけど。

>きーちゃん

おお、なんか心温まるお言葉。今あたしもLAから「ありがとう」って言ったつもりになりました。聞こえた?
未だにツキミガオカがどのあたりなのかよく分からないのはこの私ですが、ありがとう!!
このテンションが一体あと何日持つか・・・。
by: あっこ * 2006/08/26 04:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akatsuki518.blog43.fc2.com/tb.php/46-048b4efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。