スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
妹よ
2010 / 07 / 12 ( Mon )

昨日の朝、LA在住で宮崎に帰省していた妹から電話。


「お姉ちゃん、今宮崎から羽田を経由して成田空港に着いたんだけど、アメリカ行きの便、どういうわけか明日だった・・・」




一体何ヶ月前にとったんだ、その二便。

何故成田のカウンターでチェックインしようとして「お客様、それは明日の便です」 と言われるまで気づかないのかと。




まぁ、そんな妹がおりましたとさ(過去形?)。






急遽成田付近のホテルを予約して泊まらせました。

しめて3700円、激安。是非私も次回利用したい。朝食バイキング付き、空港まで無料送迎付き。熱いでしょ。





最近、iPhoneで期間限定で手に入れた「Top 100 songs by year」っていうアプリで、2005年あたりの曲をよく聴いてます。アメリカのトップ100ね。


懐かしい曲がいっぱいで、渡米したての頃を思い出します。


高校を卒業した夏に最初にLAに渡ったとき。あの頃は、アメリカがとっても外国だった。

見るものすべて異国で、ドキドキして、不安で、だけど何か一つのことができるようになるとそのたびに自分がとても成長したような気になって、嬉しくて。


最初にした買い物は今でも忘れない、99セントストア(日本でいう百均だね)で買ったオレンジジュース笑


1ドル札を出せばいいのだから間違いようがないといえばそうなんだけど、でもすごく嬉しかった。


Big blue bus(サンタモニカのローカルバス)に初めて乗ったとき、間違ったやつに乗ってしまって黒人の運転手のおっちゃんに一生懸命行き先である自宅のストリートを言うんだけど、ぜんっぜん通じなくて。

今ではそらでも周辺のストリートはたいがい言えるぐらいなのに、あのときの恐怖ったらなかった。


あんなに一つ一つのことを新鮮に感じられた、全てが外国だった頃が今思い返せばすごく懐かしいし、そんな昔の自分をかわいいなぁって思う。


今ではアメリカよりも東京のほうがよっぽど外国(電車乗ったりするとね)に感じるぐらい、アメリカは当たり前なものの集合になってしまった。

新鮮味なんてなくて、どれも見慣れた風景で、いいものよりも嫌なものばかりが目に付いて。



これは、いったん潮時か?



きっと、自分自身の在りようで日々の感受性なんて大きく変わるのだと思う。私のように長く海外生活をしていても、毎日新しいものや人と出会って、新しい自分を切り開いていける人はいるんだろうと思う。

勿論いつまでもそんな自分でいられればそれに越したことはないのかもしれない。

だけど今、26になって、自分がより分かってきて、私はよくも悪くもなかなか変えられない自分の姿を省みながらスローな改善を望むよりも、ありのままの自分が新鮮だと感じられるもののある場所に居たい

そう思うようになった。



長かったアメリカ生活に、来年(再来年になる可能性もあるけど)いったん区切りをつけようかなと思っています。

GAとしては異例の3年目(笑)を終え、私は、私が素直に行きたいと感じるところに行きたい。



「意味」「意義」「利益」「得」「経験」「キャリア」「技術」 そして、 「価値」




そんな単語たちに、私はずっとこだわってきた気がする

強くなくてはいけない、出来る人間でなくてはいけない、「あたまがよくなくてはいけない」

そんな、自分で自分に課してきた観念に、一番苦しんできたのは自分だったように思う。



そして幸か不幸か、同じように自分で自分をはめこんできた額ぶちのもう一つが、アスレチックトレーナーという職業。

高校生のときに志したこの仕事に就き、初心を貫き通すことで自分のアイデンティティを保ってきた。


カイアキコ=トレーナー であればまだよかったのに、気がついたら カイアキコ<トレーナー  になってた



それをこれから カイアキコ=カイアキコ  に、戻したいって思う。


正解なんてない。だけど、選択肢はたくさんある。

これからの私の選択肢は、

私が私でありたいと思えること、私が私であってほしいと願う人がいること、そんなひとを守ること。



今まで何度も何度も飛行機に乗った。日本とアメリカ、アメリカ国内、日本国内、それ以外の国々。

飛行機に乗るたびに、突きつけられた。

そこへ飛ぶことの、自分自身の決断を突きつけられた。そのたびに泣いた。

自分で自分を泣かせていた。

離れたくない場所を離れなくてはいけない、離れたくない人たちと離れなくてはいけない。その辛さを自ら課す自分が憎かった。



自分の素直な欲求と行動とを合わせよう。

自分とひとつになろう。



人がどう思おうなんて関係ないってやっと思えた。もっと大切なものを持てた。

それをくれたのは過去の自分と、今まで支えてきてくれた人たちのお陰。

これからしっかりと恩返しをしていかないといけないんだ、あの子にも、あの人にも、この人にも、

そしてオレンジジュースを買えた嬉しさを噛み締めながら異国の地にしっかりと一歩を踏み出したあの子にも。



スポンサーサイト
01 : 55 : 14 | whats in myself | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<母は強し | ホーム | pics>>
コメント
--。。。--

ええとまず・・・
accoちゃんの文章力に脱帽。

次。
泣かさないでよね。

最後に。
私も最近考えてるんだ、区切りを。。。
by: あっこ * 2010/07/17 22:15 * URL [ 編集] | page top↑
----

(T-T)

そんな、泣かせるだなんて・・・
泣かせないでくださいよ。

とりあえずはお互い、区切りをつける前に一度会っとかないと!!
ってことですよ!!

是非ベガスへ!!

by: acco * 2010/07/18 09:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

すごく、すごくステキな文章だね。
思いや感じている事をきちんと言葉にして表現できるって、才能だなって思います。
大切な物・事を見つけたaccoちゃんは、これからきっと、もっと輝いていくんだろうね~v-353
by: naoko * 2010/07/19 12:52 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

>Naokoさん

もったいないようなほめ言葉です。ありがとうございます。
そうだといいなって心から思いました。
これからも、感じたことや大切なことを言葉にしていく作業を怠らないようにしていきたいです。


by: acco * 2010/07/28 23:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akatsuki518.blog43.fc2.com/tb.php/473-45001197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。