スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Last day at Clark High School
2011 / 05 / 26 ( Thu )

日にちがあまり経ってしまわないうちに....


まずは、①大学院卒業しました

誕生日に↓の修士論文を教授たちにプレゼンし、プレゼンはも~それは酷い出来だったにも関わらず

「質問に対する受け答えが素晴らしかった」

「自信に満ちていた」 とのことで(笑

プレゼンを終え、質疑応答を終え、会議室から出るよう指示され、数分後にChairの教授がニコニコして「Come on in」とドアを開けてくれ、「We are signing your papers!」と言ってくれたときはほんとーに嬉しかった。大げさじゃなく泣きそーだった。

ここ数ヶ月苦しめられただけに解放感はとっておき

あのままミズーリの大学院に残っていれば去年の今頃にはとっくに貰えていたであろう修士号を3年にわたるオーバータイムを経てやーっと修了、晴れてMaster of scienceとなりました。これで名前書くときには

Akiko Kai, MS, LAT, ATC, CSCS

です。まぁLATはもうすぐネバダ州でのライセンスが切れるので無くなりますが。(日本帰ったらあんまどれも関係ないし・・・)

本来アメリカでアスレチックトレーナーとしてフルタイムの職を探すのならこれが本当の意味でのスタートラインだった。

言わばATCになってからの3年間も含めてこれが準備期間だと捉える人も多いです。この辺の想いについてはまた長くなりそうなので、また後ほど。


次、②27歳になりました


沢山のBDメッセージありがとうございました

卒業が決まった日が誕生日だったから嬉しさは倍増。この日周辺はLAから3組ぐらい友達がベガスに遊びに来てて、祝ってもらいました。

まぁ中には 「プールで酔っ払ってこけて顔をざっくり切ってしまったから助けてくれ」

っていうATCの友人もいましたが・・・もうトレーニングルームの鍵返しちゃったし手元には何もねーよ。寝てる私に通報する前に病院行ってくれと。

CSUNの先輩たちの軍団ともEncoreのクラブ"XS"で大はしゃぎして、久々の再会はすごく楽しかった!けど、次の日両脚めちゃめちゃ筋肉痛・・・。どんなはしゃぎ方したんだと。27歳まだまだ若いよ。


その③ 約2年間勤めた高校での仕事が終了。

こちらも想いは尽きません。最後に自分のトレーニングルームを閉めて鍵を返したときなんとも言えない気持ちでした。

ここで色ーんなことがあって色んな思いをして色んな日があったけど毎日ドアを開けて、ドアを閉める私が居たから生きていた空間。

ここにもう戻って来ないんだっていう実感はあまりなかった。明日もまた、終業のベルが鳴る頃にのそのそと私が現れてトレーニングルームには生徒達がひょっこり顔を出すような気がして。

最後の日に学校を去る前に、スプリングトレーニングをしていたアメフトの選手たちが全員で高校の応援歌を私の為に歌ってくれました。

最初のシーズンでは試合中に大声で怒鳴られたり言い合いもしたヘッドコーチは「ありがとう」と固い握手をしてくれて、Varsityの子達がサインしたサインボールをプレゼントしてくれました。

誰にとってもベストのトレーナーだったと言えるところからは程遠いのはじゅうぶん分かってます。それでも半人前で頼りない私を慕ってくれ、頼ってくれ、サイドラインに立たせてくれ、全てを任せてもらえたこと。

「僕のトレーナーはKaykayだけだよ」 って寂しそうに言ってくれた生徒。

その全てにただただ、ありがとう。毎日毎日グランドから私のところに足を運んでは疲れた体をアイシングしてた生徒のことを、後任のトレーナーがまた変わらない、いやそれ以上のケアをしてあげて欲しい。
それだけが願いです。

トレーニングルームの鍵、体育館の鍵、オフィスの鍵・・・ 

それが全部無くなってしまったキーチェーンには家の鍵と車の鍵たった二個だけしか残ってなくて、手にする度にすごーく軽くて、寂しい。

もういつものように高校に行っても、入ることすらできないんだなぁ。

でも、きっと、誰かが怪我をすれば今でもみんな真っ先に私の名前を呼んで探すに決まってるのに。

走ってトレーニングルームに来て「Kaykay!」ってドアをドンドン叩くに決まってるのに・・・

練習の後にとぼとぼとトレーニングルームに歩いて来ては、私がいないことに気づいて肩を落とすのに。


あなた達の未来は光と希望に満ちてる。どんな可能性も、自分次第で変えることができる。

大人になる過程で自分を見失いそうな時、どうか自分の中に宿るアスリートを忘れないで。

どんなに点差を開けられても必死でボールを追いかけて諦めなかった自分とチームメイトたちの姿を忘れないで。

砂漠の暑さにめげずに闘ったこと、思い出してあげて。

そして高校生の、アスリートだった自分を、これから一生誇りに思い続けてくれると約束してね。



photo (2)

argtawrtae.jpg

photo (3)

w3f4.jpg

Best of the luck to all Chargers! May the Charger spirit stay in you forever.

GO CLARK!!!!!

Love, Miss Trainer Kaykay


スポンサーサイト
07 : 49 : 12 | ATC(GA)時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ランダムネス | ホーム | MTSS Part3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akatsuki518.blog43.fc2.com/tb.php/535-bb9d1e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。