スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Samurai Japan
2011 / 07 / 14 ( Thu )
なでしこJapanやってくれましたね!!






日本の女子サッカー事情には殆どと言っていいほど無知な私ですが(おそらく大半の人がそうであったように)、このパワーと賢さ、メンタルの強さには本当に圧巻です。

だからこそ、あの選手たちを「なでしこ」と呼ぶことに抵抗を覚えます。あのアグレッシブなプレーと敵を的確に打ち破っていく姿のどこがいわゆる「大和撫子」?

あれはサムライだと思う。男子の代表がサムライなら女子の代表だってサムライであるべき。だって、何も劣らないどころか結果で言えば男子代表を上回ってる。


この試合を見て純粋に感動して涙が出ました。ありきたりな表現だけど、アスリートが全力で闘う姿は誰をも感動させる力がある。


毎回、毎試合、毎シーズン、そしてどのスポーツでも、サイドラインで見ていてそう感じてきた。

そんなに思い入れのある選手たちでなくとも、馴染みのない競技でなくとも、アスリートの「必死」とその想いの強さというものに何度となく泣かされました。

そして今日この日本vsスウェーデンの準決勝を見ていてまた今一度感じたのは、

やっぱりスポーツの仕事が恋しいっていうこと、

一流のアスリートのそばで一緒に感動を味わえる私の職業の素晴らしさ、

そしてこんなキラキラした世界の一部に自分も属していたいっていう、強い強い憧れ。


人がこんなにも生きているって生身で感じられる仕事は、他にそうないって思える。


昔、ATCを志した時に漠然と抱いた「憧れ」は今も変わらず私の中にこうやって感動を与えてくれます。


だけど、その感動と一緒にいつもついてきたやるせない気持ちがあります。


どんなに近くで毎日練習に出向いて、どんなに近くで日々体の調子を整えてあげる手伝いをして、どんなに多くの時間を一緒に過ごして、どんなに頼られて、甘えてもらって、必要だと言ってもらえて、

どんなに強く自分がチームの一員としての一体感を感じていても、

所詮私はそのチームのメンバーではないっていうこと。

ゴールを決めたとき、試合終了の笛が鳴ったとき、シーズン最後の試合に惨敗したとき、

選手たちが抱き合って涙する輪の中に自分は入れないってこと。


やっぱり外で、裏で影で支えているだけに過ぎなくて、その中心には自分は入れず、ただただ後ろから眺めている立場だっていうこと。


当たり前なのかもしれないけどいつもそれがすごく寂しかった。

自分が憧れるキラキラしたものは、目の前にあるけど手を触れることはできない。


私が憧れていたのはアスレティックトレーナーではなく、自分がなれなかった一流のアスリートなんだなって思いました。

まだATCになってたった三年しかやってないし、学生時代の実習を含めても6年くらい。

半人前以下の身でそんな風に悟ったような気分になるのは間違ってるって言われるかもしれない。

だけど、またどっぷりとこの憧れに浸かって、満足な給与も休暇もないなかチームの為にくたくたになるまで働いて、これ以上ないってくらい思い入れを持ってしまって、

そしてまた「輪」に入れない空しさを突きつけられる覚悟が正直まだ持てません。

そんな願望自体が間違っているのに。仮にも昔アスリートだった自分にはそれが分かるべきなのに・・・


単なる「感動のおすそ分け」が欲しいだけでなく、しっかりとアスレティックトレーナーとしてのやり甲斐、生き甲斐を持っていなければこの世界でこれから続けていくべきじゃないと今は思っています。

まだまだ結論は出そうにないです。

スポンサーサイト
00 : 48 : 13 | whats in myself | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<日本人なら | ホーム | えせ>>
コメント
----

なんか・・・すごいわかる。
読んでて涙出そうになりました。
毎回思うけど、気持ちをきちんと表現できるあっこちゃんはステキです。
私はいま帰宮中。宮崎やっぱイイ~^^
by: Naoko * 2011/07/14 06:41 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

Naokoさん、コメントありがとうございます。
共感して頂ける方がいるとはあまり思ってませんでした。
私は今宮崎です。もうアメリカ戻られましたよね?
とにかく毎日暑いです・・・。
by: あっこ * 2011/08/04 03:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akatsuki518.blog43.fc2.com/tb.php/543-d06f802a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。